LoginSignup
26

Raspberry Pi Pico WでBluetoothをお試し

Last updated at Posted at 2023-03-27

2023/3/27にとうとう日本でもRaspberry Pi Pico Wが販売開始されました。

今までも海外の通販サイトからは購入可能でしたが、技適マークが付いていなかったため、個別に実験用の届出が必要でしたが、これで手軽に扱えるようになりました。

Raspberry Pi Pico WはWi-Fi、Bluetoothが利用できます。

簡単ですが、以前Arduino IDEでWi-Fiを試したので、同じくArduino IDE Buletoothを試したいと思います。

構成

image.png

Raspberry Pi Pico WをRaspberry PiとBluetoothでつなげて、双方向の通信を試します。
Bluetoothは仮想シリアルであるSPPを使用します。Raspberry Piとしては、シリアルポートとして認識します。
Raspberry Pi側は、Node-REDを使ってシリアルポートの通信を受け取って、デバッグメッセージを出したりしています。

Raspberry Pi Pico W側のスケッチ

ボード定義は、arduino-picoを使用してます。

Raspberry Pi Pico W上のBOOTSELボタンを押すとBluetooth SPPで、Bという文字を送ります。
Aという文字をBluetooth SPPで受け取るとRaspberry Pi Pico W上のLEDをON、Bを受け取るとLEDをOFFにするスケッチです。

サンプルを元に作ったスケッチが以下になります。

#include <SerialBT.h>

void setup() {
  SerialBT.begin();
  Serial.begin(115200);
  pinMode(LED_BUILTIN,OUTPUT);
}

void loop() {
  while (SerialBT) {
    bool bootSel = BOOTSEL;
    static bool beforeBootSel = BOOTSEL;
    while (SerialBT.available()) {
      char c = SerialBT.read();
      Serial.println(c);
      if(c=='A'){
        digitalWrite(LED_BUILTIN, HIGH);
      } else if(c=='B'){
        digitalWrite(LED_BUILTIN, LOW);
      }
    }
    if(bootSel && !beforeBootSel) {
      SerialBT.write('B');
    }
    beforeBootSel = bootSel;
  }
}

※Bluetoothを使用する場合は、以下の設定を変更する必要があります。
image.png

Raspberry Piとの接続

Raspberry Pi Pico Wにスケッチを書き込んで、動作させたらRaspberry Piとペアリングさせて、仮想シリアルポートとして、認識させます。

Raspberry Piのコンソールで、以下のコマンドを実行し、Bluetoothの制御モードに入ります。

pi@raspberrypi:~ $ sudo bluetoothctl
Agent registered
[bluetooth]#

以下のコマンドで、スキャンするとPicoW Serialというのが見つかればOKです。ここで表示されるMacアドレスを使用します。(以下は伏せ字にしていますが、xx:xx:xx:xx:xx:xxの部分です。)

[bluetooth]# scan on
[NEW] Device xx:xx:xx:xx:xx:xx PicoW Serial

以下のコマンドで、調べたMacアドレスをペアリングします。

[bluetooth]# pair xx:xx:xx:xx:xx:xx

exitでBluetoothの制御モードを抜けて、仮想シリアルポートとして、認識させます。

[bluetooth]# exit
pi@raspberrypi:~ $ sudo rfcomm -r -M -L 0 bind 0 xx:xx:xx:xx:xx:xx

これで、シリアルポートとして、/dev/rfcommを指定すれば、Raspberry Pi Pico Wと通信が可能です。

Raspberry Piのフロー

標準以外のノードで、node-red-node-serialportを使用しているので追加します。

フローは以下になります。

[{"id":"96f17b2b1df90c4f","type":"tab","label":"フロー1","disabled":false,"info":"","env":[]},{"id":"65ef48c720800e76","type":"serial-port","serialport":"/dev/rfcomm0","serialbaud":"115200","databits":"8","parity":"none","stopbits":"1","waitfor":"","dtr":"none","rts":"none","cts":"none","dsr":"none","newline":"100","bin":"false","out":"time","addchar":"","responsetimeout":"10000"},{"id":"aa04af3218aa6097","type":"serialout","z":"96f17b2b1df90c4f","name":"","serial":"65ef48c720800e76","x":800,"y":280,"wires":[]},{"id":"a629b346ae079ec6","type":"serialin","z":"96f17b2b1df90c4f","name":"","serial":"65ef48c720800e76","x":570,"y":420,"wires":[["99569767c0c3fe16"]]},{"id":"99569767c0c3fe16","type":"debug","z":"96f17b2b1df90c4f","name":"","active":true,"tosidebar":true,"console":false,"tostatus":false,"complete":"payload","targetType":"msg","statusVal":"","statusType":"auto","x":810,"y":420,"wires":[]},{"id":"3217cc134d81db14","type":"inject","z":"96f17b2b1df90c4f","name":"LEDON","props":[{"p":"payload"},{"p":"topic","vt":"str"}],"repeat":"","crontab":"","once":false,"onceDelay":0.1,"topic":"","payload":"A","payloadType":"str","x":540,"y":280,"wires":[["aa04af3218aa6097"]]},{"id":"f6fb6e948700cf0a","type":"inject","z":"96f17b2b1df90c4f","name":"LEDOFF","props":[{"p":"payload"},{"p":"topic","vt":"str"}],"repeat":"","crontab":"","once":false,"onceDelay":0.1,"topic":"","payload":"B","payloadType":"str","x":540,"y":340,"wires":[["aa04af3218aa6097"]]}]

image.png

動作確認

Raspberry Pi Pico W ⇒ Raspberry Pi

BOOTSELを押すごとにDebugノードから受け取った文字が表示されました。
image.png

Raspberry Pi ⇒ Raspberry Pi Pico W

フローのLED ONをクリックするとRaspberry Pi Pico WのLEDが点灯し、LED OFFをクリックするとLEDが消灯することが確認できました。
image.png

最後に

Raspberry Pi Pico WをArduino IDE扱うための書籍も執筆中です。
こちらは、しばしお待ち下さい!
⇒ 出版しました!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
26