Edited at

Blinkと<blink>

HTML 4.01が出る前には、HTMLには独自要素が満ち満ちている状態でした。今回はその1つである、<blink>要素について取り上げてみます。


まずは紹介から

知らない人もいるかと思いますので一応紹介しておきますと、<blink>は中身のテキストを点滅させるための要素です。


成立の経緯

関係者が書いたものが転がっていたのですが、発祥としては「Lynx(テキストブラウザ)でも使えるような装飾として、点滅はどうだろう」と言い出した飲みの席での会話で、それを聞いた誰かが一晩でやってしまった、とのことです。当の本人曰く、<blink>が溢れまわるのは全く想定外だった、とのことです。


廃止の経緯

ポケモンショックを例に引くまでもありませんが、点滅したものは目に付きすぎるなどUX的にもうれしいものではなく、FirefoxとOperaだけに実装されていました。

そして時は2013年、GoogleとAppleが呉越同舟で開発していたWebKitから、Googleがフォークすることを宣言したのですが、その背後でOperaも独自エンジンを放棄してWebKit系への合流を行うこととなりました。

結果、<blink>をサポートしているブラウザがFirefoxだけになってしまうこと、さらにCSS3のAnimationを使えば再現できることもあって、<blink>はFirefoxでも廃止されました

事態が落ち着いてみれば、ChromeとOperaが使うエンジンがBlinkという名前となっていたのも、運命の皮肉かもしれません。