Help us understand the problem. What is going on with this article?

SSHのパスワード認証設定をする

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

サーバにログインするための一般的な方法であるSSHについて、パスワード認証の設定方法を勉強します。

環境

・CentOS7サーバ2台
・sshdインストール済
・ユーザ名jinnai73、パスワードxxxxでログインできる設定をする

ユーザの作成

接続先サーバ側で、ユーザとパスワードの設定を行います。以前書いた以下の記事を見ながら実施しました。
Linuxユーザアカウントの管理コマンド

接続先サーバ
[root@sv11-centos74 ~]# useradd jinnai73
[root@sv11-centos74 ~]# passwd jinnai73
ユーザー jinnai73 のパスワードを変更。
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:

パスワード認証によるSSH接続の許可

SSHサーバの設定で、パスワード認証の許可を行います。編集する設定ファイルは/etc/ssh/sshd_configにあります。デフォルトではパスワード認証が許可されていますが、クラウド環境では以下のように、インスタンス起動時に禁止になっていることも多いです。

接続先サーバ
[root@sv11-centos74 ~]# grep 'PasswordAuthentication ' /etc/ssh/sshd_config
#PasswordAuthentication yes
PasswordAuthentication no

viで該当行を削除して、sshdを再起動します。

接続先サーバ
[root@sv11-centos74 ~]# vi /etc/ssh/sshd_config
[root@sv11-centos74 ~]# systemctl restart sshd

アクセス

接続元サーバから、sshコマンドでログインします。

接続元サーバ
[root@sv10-centos74 ~]# ssh jinnai73@10.33.0.130
jinnai73@10.33.0.130's password: 
Last login: Thu Jul  5 01:30:32 2018

[jinnai73@sv11-centos74 ~]$

できました!

まとめ

パスワード認証によるsshアクセスをするためには、以下が必要です。
・アクセス先にユーザ名とパスワードが設定されていること
・アクセス先のsshdでPasswordAuthenticationがnoになっていないこと

jinnai73
ネットワーク運用、構築。 金融系の経験多め。 現職はデータセンター会社。
https://github.com/jinnai73
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした