「YAMLで履歴書を作る」をDockerでマイクロサービス化しました


TL;DL

これは@kaityo256氏が開発したYAMLで履歴書を作るの上級互換版です。

スタイル等の書き方は@kaityo256氏の記事をご覧ください。

yaml-2-resume.herokuapp.com_(iPad).png


コマンドラインアプリとして使う場合


kaityo256/yaml_cvと主な変更点



  • data.yamlphotoフィールドは、URLも使えることになった。

  • 提供された画像は向きを補正し、サイズも自動調節することになった。

  • コマンドモードを使う際、data.yamlstyle.txtの中に、erb文法が書けるようになった。


  • data.yaml@dateで現在の年月日を出していて、和暦も使えることになった。


    • セキュリティの観点で、WEB版ではerb文法の利用ができません。



  • サンプルデータとスタイルはtemplates/配下に置いた。

  • サンプルデータを当たり障りのない文章に再構成した。

  • サンプル写真をStyleGANで生成された偽の人物像を使用した。


システム構成


PDFの作成

PDF作成には基本、kaityo256/yaml_cvのロジックをそのまま利用しました。テストしやすいために、一部ロジックはモジュール lib/util.rb に移動しました。


Web Server


  • フロント: Bulma / jQuery

  • サーバー: Sinatra

  • インフラ: Docker / Heroku


CI

Travis CI / Code Climate


参考

https://qiita.com/kaityo256/items/e3884d0109223c324baf

https://ikasamak503.hatenablog.com/entry/make-resume-by-yaml-with-docker

https://qiita.com/jerrywdlee/items/859682ec15e71c3c0ec9