VMware Workstation 12 Player のゲスト OS 内で FreeBSD 10.3 に xorg をインスコさせて日本語入力と Firefox を動作させる手順書 fcitx-mozc版

VMware Workstation 12 Player のゲスト OS 内で FreeBSD 10.3 に xorg をインスコさせて日本語入力と Firefox を動作させる手順書。

xorg で利用する windowmanager は MATE(マテ) を利用しログインは slim を使って簡素な x window システムを構築しデバック環境を整えるのがお題目(笑)

日本語として fcitx を用いて M$ 系の IME からの移行もスムーズに出来る事を意図しているので、他の物を使うなら fcitx 関連のインスコは無視してもよい。

VMware は既に環境が整っていることを前提に、肝心な個所のみ記述していくので詳細は割愛している。必要であれば各自で調べるなりして欲しい。

OS の入手先 url
ftp://ftp.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/10.3/FreeBSD-10.3-RELEASE-amd64-disc1.iso

以下を wheel グループユーザでインスコする。

# pkg install \
    xorg \
    mate \
    slim \
    open-vm-tools \
    xf86-input-vmmouse \
    xf86-video-vmware \
    firefox-i18n \
    ja-font-std \
    ja-fcitx-mozc \
    zh-fcitx-configtool

次に以下のファイルを新規作成する。

~/.xinitrc
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
/usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/keyboard.conf
Section "InputClass"
    Identifier  "system-keyboard"
    MatchIsKeyboard "on"
    Option      "XkbLayout" "jp"
    Option      "XkbModel" "pc106"
    Option      "XkbOptions" "terminate:ctrl_alt_bksp"
EndSection
/usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/system.conf
Section "ServerFlags"
    Option      "DontZap" "false"
EndSection
/usr/local/etc/X11/xorg.conf.d/vmmouse.conf
Section "InputClass"
    Identifier  "Mouse Defaults"
    Driver      "vmmouse"
    MatchIsPointer  "on"
EndSection

デスクトップ環境に fcitx 関連のアイコン表示するために、環境ファイルをコピーする。

# mkdir ~/.config/autostart/
# cp -a /usr/local/share/applications/fcitx.desktop ~/.config/autostart/

ここまでで、firefox の日本語入力は可能となる。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.