Linux
Makefile
paco
porg

野良ビルド管理 porg のメモ。

More than 1 year has passed since last update.

porg は野良ビルドのパッケージ管理用ツールです。以前は paco として開発されていたもので、現在は porg として開発が継続されています。

野良ビルドをインストールする時、専用コマンドを噛ませることでインストール内容を追跡記録してくれて、アンインストールを半自動化できるようになります。通常の make install だけでなく、gem, pip, pear などを含め、ありとあらゆるインストール作業の追跡が可能です。

残念ながら FreeBSD や Mac OS X では機能しないので、Linux 専用です。


ダウンロード

管理者権限で実行します。

curl -L http://jaist.dl.sourceforge.net/project/porg/porg-0.10.tar.gz | tar zxf - -C /usr/local/src


インストール

管理者権限で実行します。GUI はいらないので --disable-grop パラメータを付けます。

./configure --prefix=/usr/local --disable-grop

make && make install


アンインストール

管理者権限で実行します。porg 自身のコマンドで porg というパッケージ名で記録された自らを削除します。

porg -r porg


パッケージ管理

基本的にすべての作業は管理者権限での操作を想定しています。


パッケージのインストール

porg -lD make install

porg -lp <package_name> make install

野良ビルドのインストールコマンド make install の頭に porg を指定する事で、そのインストール作業を追跡できます。



  • -lD インストールを追跡し、カレントディレクトリ名をパッケージ名として記録します。


  • -lp <package_name> インストールを追跡し、<package_name> をパッケージ名として記録します。

例:

porg -lD python setup.py install  # カレントディレクトリ名をパッケージ名として記録

porg -lp pep8 easy_install pep8 # pep8 をパッケージ名として記録

上記のように make install 以外でもトラッキング可能です。


パッケージ一覧の確認

インストール済みの全パッケージを一覧表示:

porg -a


パッケージの確認

パッケージのメタ情報を確認:

porg -i <package_name>

パッケージの全ファイルを表示:

porg -f <package_name>

アンインストール時はこれらのファイル群が削除されます。


パッケージの削除

porg -r <package_name>

以上です。

この他に paco2porg というコマンドもインストールすると付いてくるので、paco からの移行もコマンド一発です。porg_bash_completion という Bash 用の入力補完スクリプトも付いてるみたいです。