Help us understand the problem. What is going on with this article?

Thonny(Python/IDE)を使ってみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

最近 Raspberry Pi3を購入してRaspbian を導入しました。
購入したものの目的があった訳ではないので、とりあえず今流行りの Python の基本を学んでみようと思い
.pyファイルを作って開いて見たところThonnyとか言うアプリが立ち上がりました。

何これ?と思って調べるとPython用のIDEらしくLinuxはもとよりMacやWindowsでも使えるみたい。
何より説明が不要なくらいシンプル。
試しにWindowsにもインストールして使ってみました。

公式サイト

Thonny

特徴

  • pythonが同梱されているのですぐ使える(既に入れているバージョンのPythonも使える)
  • ステップ実行が可能
  • 変数の一覧で中身を確認できる
  • シンタックスエラーも分かりやすく警告してくれる
  • コードの補完もしてくれる
  • 外部プラグインが利用可能

不満

  • ステップ実行は出来るが必ずトップから順次実行するのがやだ(ブレークポイントが無い)
  • 変数のウォッチがリアルタイムで見れない(処理完了時の値を表示しっぱなし)
  • インストール画面がなんかウィルス臭い(笑)

なので巨大な規模のプログラムには使えません。
しかし練習用には凄く向いています。
Thonnyを一言で表すなら初心者向けのPython統合開発環境

Python用のIDEは沢山ありますが、まずこちらを使ってみて物足りなくなったらPyScripterなどに移行する事をおすすめします。

パッケージの導入の仕方

Pythonで書かれたパッケージソフトウェアをインストール・管理するために
pipと言うパッケージ管理システムを導入する必要がありますが
pip は Python 3.4 以降では Python 本体に同梱されているのですぐに使う事が出来ます。

試しにHTTPリクエストを簡単に扱うことができるRequestsパッケージを導入してみます。

  • Tools -> Open system shell... を開く
  • pip install requests と打ってRequestパッケージを導入
  • Tools -> Manage Packagesを確認してrequestがあるかどうか確認する

コマンドラインで以下の設定をします

コマンドプロンプトを立ち上げてThonnyをインストールしているパスに移動します。
C:\>cd C:\Users\[User名]\AppData\Local\Programs\Thonny\
564.PNG

python -m pip install requestsを打ちます。
キャプチャ.PNG~~

WindowsのThonnyはC:\Users\[user-folder]\.thonny\BundledPython36を参照しているみたいです。

メソッドの補完

Ctrl + Space もしくは TABキーで補完ができます。

TABはタブ機能に割り当てたいのだけどこれはデフォなのかな?

izuki_y
ライブラリを使った処理の仕方や手順はQiitaに記載する。 それ以外のアルゴル的な内容はGistに記載する
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした