Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Batchの設定方法(アンマネージド型でt2.microのコンピューティング環境を作る)

More than 1 year has passed since last update.

AWS Batchはジョブを実行する度にコンテナを展開し、Lambdaのように使用時間を節約できる便利なサービスです。

しかしマネージド型は、最も安価なインスタンスタイプでもm3.mediumまでしか選べません。
インスタンスはジョブ終了後、10分放置すると自動でterminateされますが、少し無駄な気がします。

選択肢の一つとして、アンマネージド型でt2.microのEC2インスタンスを利用する方法を紹介します。

公式ドキュメント

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/batch/latest/userguide/create-compute-environment.html

利用するポイント

① AWS Batchのコンピューティング環境の設定で、アンマネージド型の設定を新規作成する
② ①の後、ECSクラスタが生成されるので、ARNを取得する
③ t2.microのインスタンスを作成※1する際、「/etc/ecs/ecs.config」に「ECS_CLUSTER=②のARN」を書き込むbashスクリプト※2をユーザーデータに登録する
④ ①のコンピューティング環境を使用してAWS Batchジョブを実行する

※1:インスタンス作成に使用するAMI

ECSに最適化されたAMIイメージがAWSによって公開されていますので、使用したいリージョンのイメージを指定します
例)ami-05b296a384694dfa4(2018年11月、ap-northeast-1の場合)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonECS/latest/developerguide/ecs-optimized_AMI_launch_latest.html

※2:③で登録するユーザーデータについて

  • 登録例
    • コンピューティング環境名:example_compute_environment
    • 生成されたECSクラスターのARN:arn:aws:ecs:ap-northeast-1:000000000000:cluster/example_compute_environment_a0000000-0000-0000-0000-000000000000
#!/bin/bash
echo "ECS_CLUSTER=arn:aws:ecs:ap-northeast-1:000000000000:cluster/example_compute_environment_a0000000-0000-0000-0000-000000000000" >> /etc/ecs/ecs.config
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away