search
LoginSignup
4

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Chatbase のススメ

Chatbase とは

Chatbase とは対話型アシスタント(チャットボット)用のアナリティクスツールです。
作成したボットのログをプラットフォーム横断で確認することが出来ます。
chatbase_home

アクション作ったはいいものの、どう分析すればいいか

Google Assistant のアクションや Alexa のスキルを作成する際に問題となるのが、
「会話データの分析をどのようにすればいいかわからない」ということです。

Chatbase は、その問題の解決策の一つです。
この記事では、 Chatbase の使い方を、満月のことを教えてくれる「満月博士」というアプリを例を紹介します。

設定方法

設定チュートリアルは以下のドキュメントを読んでいただければと思います。

できること

処理出来なかったメッセージの確認

chatbase_messages
「Message」 タブでは、どのようなメッセージを受け取っているか確認出来ます。
この例では、全体の 5 % の発話がきちんと理解出来ていない、ということになります。

また、View Transcripts をクリックすることで、実際に聞き取れなかった発話が確認出来ます。

例:
chatbase_dialog_example

この例では、「明日の予定」 という言葉が満月博士には理解出来なかったことがわかります。

セッションフロー

chatbase_session_flow
ユーザーがどのようなフローで会話を行っているかも確認出来ます。
満月博士は、 全体の 92.3% が Default Welcome Intent (通常のアクセス)からの流入で、 7.5% が その他の Implicit Invocation からの流入になっていることがわかります。

また、Default Welcome Intent から流入したユーザーの 95 % がなにも会話せず離脱している、ということもデータでわかります。
今回の例では、満月博士にはじめて入ってきた人が話しやすいように「Default Welcome Intent」を変更する必要がある、ということがわかります。

コホート

chatbase_cohorts
再来訪者/リターンユーザーのデータも確認出来ます。
残念ながらほとんどのユーザーは 1 回使って二度と返ってこない、ということがわかります。

まとめ

Chatbase を利用することで、各プラットフォームに存在するアナリティクスでは見られない細かいデータが確認することが出来ます。
これらを利用することで、問題がどこに存在しているのか、改善する点はどこなのか、ということが明確にわかります。

ぜひ利用してみてください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
4