cloud9の共有環境の導入について解説


はじめに

cloud9というクラウドIDEがあります.

そこではワークスペースを共有し,複数人で同じ環境で同時に開発ができるのですが,

この導入に戸惑ったので,自分が解決までに至った手順を載せておきます.


本記事の注意点

IAMを知らない人向けの記事です.

また,共有メンバーがAWSを悪用する事は想定していません.


前提知識

まず,cloud9の共有環境は

「違うAWSアカウント(ルートアカウント)と共有するものではない」

ということを覚えておいてください.


手順1. IAMユーザー作成


IAMとは

AWSアカウント内でユーザーを作成したりできるものです.

作成したユーザーには,「cloud9のみ使用OK」といった権限を与えることができます.


cloud9の共有環境について

cloud9の共有環境は,IAMユーザーと共有するものです.

IAMユーザーは,AWSアカウントに依存しています.

つまり共有環境を作るためには,

「共有メンバーそれぞれのIAMユーザーを作ること」

からスタートです.


グループ作成

グループメンバー共通の権限を設定します.

まず,以下リンクよりグループを作成します.

https://console.aws.amazon.com/iam/home?region=us-east-2#/groups

ポリシーとは権限の事です.

・AWSCloud9Administrator

・AmazonEC2FullAccess

の2つをアタッチしておけば,権限が足りずに困る事は無いでしょう.


ユーザー作成

以下リンクよりユーザーを作成します

https://console.aws.amazon.com/iam/home?region=us-east-2#/users$new?step=details

「AWSアクセスの種類を選択」のチェックは全部入れ,後に作成したグループにもチェックを入れます

そして,作成時に出てくるパスワードをメモしましょう

csvで保存するのが無難です.


手順2. 共有ユーザー追加

cloud9の共有したいIDEを開き,ヘッダーのshareからIAMユーザー名を入れます.

Rはreadのみ,RWはreadとwriteが使えることを表しています.

Who hass accessに追加できれば成功です.

また,共有主と同じグループに属していないIAMユーザーも追加する事ができます.


手順3. メンバーに教える

・ユーザー名

・パスワード

・ログインページのURL

・cloud9のURL

の4つをslackなりでメンバーそれぞれに教えます.

ログインページはIAMのダッシュボード,

cloud9のURLはshareより見れます.

以上です.


おわりに

チャットは右端のcollaborateで使えます