Help us understand the problem. What is going on with this article?

【PBCS】FDMEE機能 - 機能概要

FDMEE

Oracle Hyperion Financial Data Quality Management, Enterprise Edition の略称
・Enterprise Resource Planning (ERP)システムをOracleのHyperion EPMアプリケーションと統合するための主要アプリケーション

■機能概要
https://docs.oracle.com/cd/E64585_01/AGFDE/epm_integrator_architecture.htm

仕組み・特徴

[ソース(取込元)]→インポート→[FDMEEステージング表]→エクスポート→[ターゲットシステム(Essbase)]

・csv、またはtxtからデータを取り込める
・Service AdministratorまたはPower Userまたは「統合の実行」が
 プロビジョニングされたユーザが使用可能
・ロード方法には
 「 追加 (既にデータがある場合に値を合算する)」
 「 置換 (既にデータがある場合に値を上書きする)」などがある
EPMAutomate からの実行により、データの自動取り込みが可能
 →その場合、ファイル名に応じて、取込方法、取込先の期間、取込先のシナリオ等が決定されるため
  予め命名規則を設ける必要がある
  
  【取込ファイルの命名規則例】売上実績データの取込
   ファイルID_ロケーション(A)カテゴリ(B)期間(C)_ロード方法.txt
   ID1010_LOC_Sales_Actual_201704_DLR_Sales.txt
   
   ※(A)ロケーション
    (B)カテゴリ・マッピング
    (C)期間マッピング  でそれぞれ設定

・エクスポート・モードを「 データの保管 」にすることで、 データのマージが可能
 →同じ次元交差の行をcsv内で複数持った場合、 合算金額として取り込む ことができる

FDMEEで出てくる特殊用語

・ロケーション:ひとつのFDMEE設定の定義名
・カテゴリ: Scenario次元 のこと
・インポート:ソース(取込元)からステージング表にデータを取り込むこと
・エクスポート:ステージング表から取込先(Essbase)にデータを送ること

設定が必要な箇所は以下の通り

・ナビゲーター>統合>データ管理より設定

①プロファイル設定(システム設定、アプリケーション設定)
②期間マッピング
③カテゴリ・マッピング
④ソース・システム
⑤ターゲット・アプリケーション
⑥インポート・フォーマット
⑦ロケーション
⑧データ・ロード・ルール
⑨マッピング定義(データロード・マッピング)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away