WordPress
Gutenberg

【WordPress】Gutenbergのブロック一覧

説明は気が向いたら更新します。


インライン要素


  • インライン画像


一般ブロック


  • 段落:ブロックを使って、いろいろな物語を組み立ててください。(特殊文字を入れるボタンはない)

  • ファイル:ファイルをダウンロードするリンクを追加します。(埋め込み用じゃなくて、ダウンロード用。)

  • 画像:画像を挿入し、視覚に訴えます。(1枚ずつ貼りたいとき用。ギャラリーとかカバー画像は別途ある)

  • 見出し:新しいセクションを紹介しコンテンツを整理することで、ビジター (と検索エンジン) のコンテンツ構造理解の手助けをしましょう。

  • ギャラリー:リッチギャラリーに複数の画像を表示します。

  • リスト:番号なし、または番号付きのリストを作成します。

  • 引用:引用テキストを視覚的に強調します。「他者の引用は、我々自身への引用である」—フリオ・コルタサル

  • 音声:シンプルな音声プレイヤーを埋め込みます。(シンプルにmp3などをURL指定orアップロードする場合。サービスの場合は埋め込みを使う)

  • カバー:テキストオーバーレイを含む画像または動画を追加します。ヘッダーに最適です。

  • 動画:メディアライブラリから動画を埋め込むか、新しい動画をアップロードしてください。(サービスの場合は埋め込みを使う)


フォーマット


  • 詩:詩を挿入します。特別な余白形式を使ったり、歌詞を引用したりできます。

  • ソースコード:余白やタグを考慮したコードスニペットを表示します。

  • クラシック:従来の WordPress エディターを使用します。

  • カスタム HTML:カスタム HTML コードを追加します。編集しながらプレビューが可能です。(旧エディタで複雑なHTMLを入れているとこれになる)

  • 整形済み:スペースやタブを含むテキストを追加し、スタイリングして表示します。

  • プルクオート:テキストの引用に特別な視覚的強調を加えます。

  • テーブル:表の挿入。チャートとデータの共有に最適です。


レイアウト要素


  • 改ページ:コンテンツを複数のページに分けて表示します。

  • ボタン:カスタムボタンで読者にアクションを促しましょう。

  • カラム:複数カラム表示のブロックを追加して、お好みのブロックを配置してください。

  • メディアと文章:画像と文章を横並びのリッチなレイアウトにします。

  • 続きを読む:コンテンツの抜粋を指定します。指定したブロックの前のコンテンツがアーカイブページで抜粋として表示されます。

  • 区切り:水平の区切りを使って、アイデアやセクションの間で改行します。

  • スペーサー:ブロックの間に、高さをカスタマイズ可能な余白を追加します。


ウィジェット


  • ショートコード

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • 最新の記事


埋め込み


  • Twitter

  • YouTube

  • Facebook

  • Instagram

  • WordPress

  • SoundCloud

  • Spotify

  • Flickr

  • Vimeo

  • Animoto

  • Cloudup

  • CollegeHumor

  • Dailymotion

  • Funny or Die

  • Hulu

  • Imgur

  • Issuu

  • Kickstarter

  • Meetup.com

  • Mixcloud

  • Photobucket

  • Polldaddy

  • Reddit

  • ReverbNation

  • Screencast

  • Scribd

  • Slideshare

  • SmugMug

  • Speaker Deck

  • TED

  • Tumblr

  • VideoPress

  • WordPress.tv