Help us understand the problem. What is going on with this article?

Cornerstone使い方メモ

More than 3 years have passed since last update.

Cornerstoneの使い方のいい感じのがないので、ちまちま自分で作る。

ナビ

pic3.png

  • All すべてのファイル
  • Changed 修正・追加したファイル ※コミットする際、ここを見ながらやるとモレが出ないので便利!
  • Modified 修正したファイルだけ
  • Conflicted 衝突したファイル
  • Missing ローカルで手動削除したファイル
  • Locked ロックしているファイル

あとはよくわからない・・・

フォルダについているアイコン

アイコン 意味
icon1.png まだバージョン管理されていないファイル
icon2.png 修正したファイル
icon3.png 追加ファイル
icon6.png 衝突したファイル
icon4.png ローカルで手動削除したファイル
icon5.png 削除ファイル

追加ファイルにするには

追加したいファイルを選択して、画面下のpic1.pngをクリックする。

フォルダの中身ごと追加するには

画面下のpic1.pngを右クリックして、
pic2.png下のコンテンツごと追加をクリックする。ちょっと難しい。

削除ファイルにするには

ファイルを選択して、右クリック>delete
※ローカルで手動削除した際も必ずやらないとサーバのデータが残ります。

アカウントを変更する

めったにやらないと思うけどメモ。
1. サイドバーのREPOSITORIESもしくはa.pngをクリックしてREPOSITORIESを表示させる
2. 変えたいリポジトリーを選択して右クリックし、Edit Repositoryを選択
3. Account InformationのNameとPasswordを変えてSaveをクリック

リポジトリを追加

  1. サイドバーの何もない所を右クリック
  2. Add Repositoryをクリック
  3. 追加するサーバに相応しい所を選ぶ(分からなければHTTP Serverが無難)
  4. Server, Repository path, Nickname(サイドバーのREPOSITORIESに並ぶ名前), Name, Passwordを入力して、Save name and password in my keychainにチェックを入れてSave

ワーキングコピーを追加

  1. サイドバーの何もない所を右クリック
  2. Add Working Copyをクリック
  3. ローカルにあるフォルダを選択する

チェックアウト(サーバにあるファイルをローカルにコピーする)

  1. サイドバーのREPOSITORIESから必要なリポジトリーを選択
  2. Check out working copyを選択し、Whereでローカルのどこに保存するかを決め必要であればリビジョンを選択して、Check Outする
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした