Help us understand the problem. What is going on with this article?

[小ネタ] fishの重複パスを削除する

More than 1 year has passed since last update.

最近自宅のUbuntuのログインシェルを試験的にfishにしています。
「fish_user_paths は環境変数 PATH に優先的に加えられるディレクトリの配列変数」1ですが、fishの設定ファイルであるconfig.fishが読み込まれるたびにfish_user_pathsに同じパスが何度も書かれてしまうので対策しました。

同じパスが増える理由

set -U fish_user_paths /home/user_name/.pyenv $fish_user_paths
set -U fish_user_paths /home/user_name/.go $fish_user_paths

既存の$fish_user_pathsに追加していくように書いているので何度も呼び出すと同じパスが追加されていってしまいます。

対策

set -U fish_user_paths (echo $fish_user_paths | tr ' ' '\n' | sort -u)

このコードをconfig.fishの最後の方に書いています。やっていることはただsortuniqのようなことをやっているだけです。

余談

ちなみにbashなどの場合のワンライナーを書いている方がいました。2

export PATH=`echo $PATH | tr ':' '\n' | sort -u | paste -d: -s -`;

fishで同じ考え方でやろうと思ったのですがうまくいきませんでした。

set -U fish_user_paths (echo $fish_user_paths | tr ' ' '\n' | sort -u | paste -d' ' -s)

確かに$fish_user_pathsechoしてみると/home/user_name/.go/bin /home/user_name/.pyenv/binとなっているのですが、これは/home/user_name/.go/bin/home/user_name/.pyenv/binという2つのパスがあるのではなく"/home/user_name/.go/bin /home/user_name/.pyenv/bin"というパスが指定されてしまっているようでした。

つまりスペース区切りの文字列ではなくリストで定義しろということですね。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした