Edited at

AnsibleをUbuntuのローカルで使う

More than 5 years have passed since last update.

Ansibleを少し触ってみたが、Chefとは違ってクライアントプログラムのインストールが不要で、ファイル・ディレクトリ構成が小規模で自由度が高いので、ローカル環境の管理に向いていると思う。

ついでに言うと、接続先をローカルとするオプションも存在する。


インストール

pipを使ってAnsibleをインストールする。

virtualenvなどを使えば仮想的な実行環境を作れるらしいが、今回はシステムワイドにインストールする。

sudo apt-get install python-pip

sudo pip install ansible


Playbook

インベントリファイルでホスト変数にansible_connection=localを設定して、ローカルに接続するように設定する。


localhost

127.0.0.1 ansible_connection=local


とりあえずapt-getgitをインストールしてみる。


site.yml

---

- hosts: 127.0.0.1
user: itiut
tasks:
- name: "apt-get install git"
apt: pkg=git
sudo: yes


実行

オプション-iでインベントリファイルを指定し、オプション-Kもしくは--ask-sudo-passsudoのパスワードを要求するようにする。

ansible-playbook site.yml -i localhost -K