Python
maya

mayapy - Maya内Python

これはなに?

Autodesk Maya 内に用意されたツール mayapy についてのメモです。
こちらの記事のMaya部分の続き的なものです

Maya, Houdini, blender, Nuke でのPythonインタープリタ
http://qiita.com/it_ks/items/ae1d0ae01d831c2fc9ae

mayapy

python.exeのMaya版というか。
Mayaの機能を召喚できるpython.exeというか。

ざっくり言うと、Mayaがインストールしてあるなら
(win環境で)別途Pythonをインストールしなくてもコレ使えばいいじゃない。

場所

winでの場所

C:\Program Files\Autodesk¥Maya{ver}\bin\mayapy.exe
Maya本体(maya.exe)と同じ並びにあります。
ダブルクリックすると黒窓が開き、普通にPythonインタープリタとして使えます。
mayapy_boot.png

OSXでの場所

あとで調べて書きます
([追記]コメントで教えていただきました!)

/Applications/Autodesk/maya{ver}/Maya.app/Contents/bin/mayapy

バージョン

Maya2016内蔵のmayapy.exeの
Pythonとしてのバージョンは2.7.6です。

確認

mayapy.exeの起動時にバージョンは表示されますが、Pythonコード内で取得したい場合は

version確認
import sys
sys.version

sys.version_info

あたりで。

init

Mayaの機能を使うためのモジュールが用意されていますが、
import後にイニシャライズする必要があります。
そのあたりはこちらで軽く触れています

http://qiita.com/it_ks/items/ae1d0ae01d831c2fc9ae#%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

オプション

起動時にスクリプトを与えて自動処理させたり、オプションを指定して挙動を替えたりできます。
どういうオプションが用意されているか確認するときは

"C:\Program Files\Autodesk\Maya2016\bin\mayapy.exe" -h

-hもしくは--helpを付けます。
するとこんな感じ(▼)

mayapy-help
usage: C:\Program Files\Autodesk\Maya2016\bin\mayapy.exe [option] ... [-c cmd | -m mod | file | -] [arg] ...

Options and arguments (and corresponding environment variables):
-B     : don't write .py[co] files on import; also PYTHONDONTWRITEBYTECODE=x
-c cmd : program passed in as string (terminates option list)
-d     : debug output from parser; also PYTHONDEBUG=x
-E     : ignore PYTHON* environment variables (such as PYTHONPATH)
-h     : print this help message and exit (also --help)
-i     : inspect interactively after running script; forces a prompt even
         if stdin does not appear to be a terminal; also PYTHONINSPECT=x
-m mod : run library module as a script (terminates option list)
-O     : optimize generated bytecode slightly; also PYTHONOPTIMIZE=x
-OO    : remove doc-strings in addition to the -O optimizations
-R     : use a pseudo-random salt to make hash() values of various types be
         unpredictable between separate invocations of the interpreter, as
         a defense against denial-of-service attacks
-Q arg : division options: -Qold (default), -Qwarn, -Qwarnall, -Qnew
-s     : don't add user site directory to sys.path; also PYTHONNOUSERSITE
-S     : don't imply 'import site' on initialization
-t     : issue warnings about inconsistent tab usage (-tt: issue errors)
-u     : unbuffered binary stdout and stderr; also PYTHONUNBUFFERED=x
         see man page for details on internal buffering relating to '-u'
-v     : verbose (trace import statements); also PYTHONVERBOSE=x
         can be supplied multiple times to increase verbosity
-V     : print the Python version number and exit (also --version)
-W arg : warning control; arg is action:message:category:module:lineno
         also PYTHONWARNINGS=arg
-x     : skip first line of source, allowing use of non-Unix forms of #!cmd
-3     : warn about Python 3.x incompatibilities that 2to3 cannot trivially fix
file   : program read from script file
-      : program read from stdin (default; interactive mode if a tty)
arg ...: arguments passed to program in sys.argv[1:]

Other environment variables:
PYTHONSTARTUP: file executed on interactive startup (no default)
PYTHONPATH   : ';'-separated list of directories prefixed to the
               default module search path.  The result is sys.path.
PYTHONHOME   : alternate <prefix> directory (or <prefix>;<exec_prefix>).
               The default module search path uses <prefix>\lib.
PYTHONCASEOK : ignore case in 'import' statements (Windows).
PYTHONIOENCODING: Encoding[:errors] used for stdin/stdout/stderr.
PYTHONHASHSEED: if this variable is set to 'random', the effect is the same
   as specifying the -R option: a random value is used to seed the hashes of
   str, bytes and datetime objects.  It can also be set to an integer
   in the range [0,4294967295] to get hash values with a predictable seed.

特に重要そうなのが

  • -c
  • -m
  • file

です。

-c

-c cmd : program passed in as string (terminates option list)
-cオプションに続けてPythonコマンドを書きます。
このオプションは、オプションリストの最後に使います(このオプションをつけるとオプションリストが終了します)

-m

-m mod : run library module as a script (terminates option list)
モジュールをスクリプトとして実行します。
このオプションは-cと同じく、オプションリストの最後に使います

file

file : program read from script file
mayapyに実行してほしいファイル(Pythonコードを記述した .py ファイル)を与えます。
なんだかんだで、一番良く使うのはこれかなと思います。

arg

arg ...: arguments passed to program in sys.argv[1:]
オプション以降に書いた項目は、sys.argvの2項め以降に格納されます。

例えば
"C:\Program Files\Autodesk\Maya2016\bin\mayapy.exe" -c "import sys;print sys.argv" test 1234 %date%
このようにすると、
['-c', 'test', '1234', '2015/12/29']
こうプリントされます。
"~"で囲まなくても文字列として扱われ、数字も文字列。%~%による変数も使えます。


備考

環境

参考

外部インタプリタから Python を使用する
http://help.autodesk.com/view/MAYAUL/2016/JPN/?guid=GUID-83799297-C629-48A8-BCE4-061D3F275215

複数のシーンファイルを一括で処理する方法
http://www.dfx.co.jp/dftalk/?p=17829

Maya Python help usage options and environment variables
http://www.cghelpline.com/article/maya-python-help-usage-options-and-environment-variables/133
 ※(▲)最終更新=2012-10-01 15:08:23

Pythonのコマンドラインオプション
http://docs.python.jp/2/using/cmdline.html