アイデア
プログラマ
方法論
方法
プログラマー

プログラマが煮詰まってしまったときの切り抜け方 2

More than 1 year has passed since last update.

お疲れ様です!
GMOリサーチの石黒です!

前回に引き続き、プログラマが煮詰まってしまったときの切り抜け方第2弾です。
全く反響が無いのに第2弾とはいかがなものかとは思いますが、
いつどこの勉強会でも発表できるよう、ここにまとめておこうと思います。

煮詰まった時に必要なこと

前回、煮詰まった時に必要なことは以下である、と書きました。

  1. アイデア
  2. 思考の整理

前回はアイデアを出す方法について書いたので、
今回は思考の整理について書いていきます。

思考を整理する方法

以下、様々な人の意見から、思考を整理する方法を考えていきます。

解決工程の引き出しを増やした上で風呂に入る

引き出しを増やすというのは、「整理」とは逆の意味になるかも知れませんが、
情報をとにかく集めることで、解決のきっかけを与えています。
そして、「風呂に入る」のは、潜在意識を刺激しています。

同僚に状況を話す

アウトプットするためには、頭を使います。
その過程で、解決策が生まれてきたりします。
会話による刺激で潜在意識が活性化するという説もあります。

同僚の時間を奪うのは申し訳ないんですが。との意見も。

脳内同僚に話してみる

すごい考えだと思いました。
これで現実の同僚の時間を奪う心配がなくなります。

お人形に話してみる

脳内同僚よりもイメージしやすいと思いますが、
人に見られないようにしましょう。

会話が大事

ラバーダッキング

実は、プログラマには昔から伝わるラバーダッキングというテクニックがあります。

達人プログラマでは物に話しかけるというこのテクニックは「ラバーダッキング」と呼ばれていて、ゴムでできたアヒルのおもちゃをコンピュータの脇に置いておき、それに話しかけることを勧めている。

引用:ポーギーに話す

image.png

http://www.aoky.net/articles/john_graham_cumming/talking_to_porgy.htm

手軽にラバーダッキングする

Botに向かって話しかけてみたり、

Slackで、自分自身にダイレクトメッセージを送って、会話をしてみたり、実践中です。

  • 静かにできる
  • 危ない人と思われない
  • 同僚に迷惑がかからない