Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jupyter で unzip の進捗状況を表示

個人ブログにも転載しています

公開データセットとか、やたらとファイル数が多い zip ファイルをノートブックで unzip すると、出力が多すぎて UI のパフォーマンスが急激に劣化する。

!unzip /home/data/large_dataset.zip -d /home/data/

Archive:  /home/data/large_dataset.zip
  inflating: /home/data/large_dataset/1/1900_753325_0060.png  
  inflating: /home/data/large_dataset/1/1900_754949_0023.png  
  inflating: /home/data/large_dataset/1/1900_758495_0075.png  
  inflating: /home/data/large_dataset/1/1900_761460_0029.png  
  inflating: /home/data/large_dataset/1/1900_766994_0030.png  
  inflating: /home/data/large_dataset/1/1900_776319_0015.png  
  ...
  (More 80K lines) 

かといって、 /dev/null にリダイレクトしたり、-q オプションを指定して出力そのものをなくしてしまうと、本当に解凍処理が進んでいるのか分からなくて不安になる。

!unzip /home/data/large_dataset.zip -d /home/data/ > /dev/null

!unzip -q /home/data/large_dataset.zip -d /home/data/

それ、pv コマンドで出来るよ

ググってみると pv コマンドで出来る、とのことだったが、全体のファイル数を指定してちゃんとプログレス・バーが機能するようにしている例が見当たらなかったので、この記事を書いた。

n_files = !unzip -l /home/data/large_dataset.zip | grep .png | wc -l
!unzip -o /home/data/large_dataset.zip -d /home/data/ | pv -l -s {n_files[0]} > /dev/null
  1. まず、unzip -l で全体のファイル数を取得する。unzip -l が報告する内容にはディレクトリも含まれているので、grep でフィルタが必要だ。残念ながら
  2. 次に再度 unzip コマンドを実行して、今度は実際に解凍処理を実行する。処理したファイル名が出力されるので、これを pv コマンドにつなぎ、-s (size) オプションでファイル数を指定する

これで、こんな感じのプログレス・バーが表示されるようになる。

80.1k 0:00:09 [8.54k/s] [====================================>] 100%
ishikawa@github
Developer in Tokyo ❤️Elixir
https://metareal.blog/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした