Posted at
AWSDay 7

[AWS×Node.js] AWS Lambda(Node.js)で他のサービスと連携する(2018年版)


はじめに

この記事は AWS Advent Calendar 2018 の7日目の記事です。

去年のアドベントカレンダーで「AWSLambdaとその他のサービスを組み合わせていろんなことをしてみる」という記事を書いたのですが、今年も1年間でLambdaのアップデートがあったので、2018年版という形で記事を書いていきます。


AWSLambdaアップデートまとめ

今年あったLambdaのアップデートの中で個人的に印象が強かったものを上げてみます。



  1. Node.js v8.10 に対応


  2. Golang に対応

  3. 実行時間が 最大15分 に延長

といった感じです。

この他にもre:Inventで様々なアップデートがありましたね!

ランタイムにRubyを選択できるようになったり、CustomRuntimeで様々な言語をサポートしたり、ALB経由でinvokeできるようになったりと、まだまだLambdaは進化していくんだなと実感しました。


1. Node.js v8.10に対応

Node.jsユーザーの私からすると、Node.js8系への対応はかなり嬉しいものがありました。

なんと言っても async/await をLambdaでつ使えることで、非同期処理周りの書き方がとても楽になりましたね。

これについては「AWS LambdaがNode.js8.10をサポートしたのでasync/awaitを試してみた」でまとめてますので、よかったら見てあげてください。

今回の記事はNode.js v8.10で他のサービスと連携する内容を深掘りしていこうと思います。


2. Golangに対応

ちょっとGolangに興味があった時期にこのアップデートがあったので、試しに触ってみました。

AWSLambdaがGo言語に対応したのでDynamoDBと絡ませながらデモってみた」でまとめてますので、よかったら見てあげてください。

DynamoDBに対して、GetItem / PutItem / Queryを実行しています。


3. 実行時間が最大15分に延長

今まで5分が最長だった実行時間が15分に延長されました。

これによって、より長くLambdaの中で処理を実行することができるようになったので、ちょっとしたバッチ処理などを実行させるのに有効かと思います。

ですが、個人的にはLambdaの中であまり長い処理を実行することはおすすめできません。


他のサービスと連携する

AWSLambdaを単体で利用される方はほとんどいないと思います。

LambdaからS3にテキストを保存したり、DynamoDBのデータを操作したり、SESやSNSのトリガーになったり……といろんなサービスと連携すると思います。

今回はS3 / DynamoDB / SES と連携する際のNode.jsの書き方をまとめていきます。


S3

S3とはゴミ箱…ではなく、安価で高可用性なファイルストレージです。

主にテキストや画像データを保存するのに適しています。S3に保存しておくと、自動的に3箇所に複製されます。また、保存されているファイルに対してURLが付与されるので、取り出すのにもハードルが低いのが特徴です。


ファイルを取得する(getObject)

"use strict";

const AWS = require("aws-sdk");
const S3 = new AWS.S3();

exports.handler = async (event, context, callback) => {
try {

// パラメータ生成
const getParams = {
Bucket: "BucketName",
Key: "objectKey.json"
}

// S3にGETするSDK(API)実行
const obj = await S3.getObject(getParams).promise();

return obj;
} catch (err) {
throw err;
}
};


ファイルを保存する(putObject)

"use strict";

const AWS = require("aws-sdk");
const S3 = new AWS.S3();

exports.handler = async (event, context, callback) => {
try {

// JSON文字列作成
const jsonFile = [{
id: "12345",
value: "1111"
},{
id: "67890",
value: "2222"
}];

// パラメータ生成
const purParams = {
Bucket: "BucketName",
Key: "sample.json",
Body: JSON.stringify(jsonFile)
}

// S3にPUTするSDK(API)実行
await S3.putObject(purParams).promise();

return null;
} catch (err) {
throw err;
}
};


DynamoDB

DynamoDBはNoSQLのデータベースです。SQL文を生成してデータを操作するのではなく、API経由でデータの操作を行います。

今年はデータのバックアップ機能(PITR)やグローバルテーブルなどの大型アップデートがあったりと、最近Hotなサービスの一つです。


想定テーブル

テーブル名: sensorDataTable

sensor_id
record_time
value

a001
2018-12-07T00:00:00+09:00
10

a001
2018-12-07T00:10:00+09:00
17

a001
2018-12-07T00:20:00+09:00
20

a001
2018-12-07T00:30:00+09:00
14

a001
2018-12-07T00:40:00+09:00
10




データを取得する(query)

"use strict";

const AWS = require("aws-sdk");
const dynamoDB = new AWS.DynamoDB.DocumentClient(config);

exports.handler = async (event, context, callback) => {
try {
// パラメータ生成
// テーブル sensorDataTable に対して sensor_id が a001 のデータを
// record_time が 2018-12-07T00:00:00+09:00から昇順で100件取得する
const params = {
TableName: "sensorDataTable",
KeyConditionExpression: "#hash_key = :hash_key AND #range_key >= :range_key",
ExpressionAttributeNames: {
"#hash_key": "sensor_id",
"#range_key": "record_time"
},
ExpressionAttributeValues: {
":hash_key": "a001",
":range_key": "2018-12-07T00:00:00+09:00"
}, //
ScanIndexForward: true, // データの参照を昇順でするか、降順するか。 true: 昇順 / false: 降順
Limit: 100 // 取得するレコード数の上限
};

// DynamoDBからデータを取得するSDK(API)実行
return await dynamoDB.query(params).promise();
} catch (err) {
throw err;
}
}


データを保存する(put)

"use strict";

const AWS = require("aws-sdk");
const dynamoDB = new AWS.DynamoDB.DocumentClient(config);

exports.handler = async (event, context, callback) => {
try {
// パラメータ生成
// テーブル sensorDataTable に対して sensor_id が a001 のデータを保存する
const params = {
TableName: "sensorDataTable"
Item: {
sensor_id: "a001",
record_time: "2018-12-07T12:00:00+09:00",
value: 25
}
};

// DynamoDBからデータを保存するSDK(API)実行
return await dynamoDB.put(params).promise();
} catch (err) {
throw err;
}
}


SES

SESはメールを送信してくれるサービスです。

S3やDynamoDBに比べると使用する場面は少ないと思いますが、私はよく利用しています。

"use strict";

const AWS = require("aws-sdk");
const ses = new AWS.SES;

exports.handler = async (event, context, callback) => {
try {
// パラメータ生成
// テーブル sensorDataTable に対して sensor_id が a001 のデータを保存する
const params = {
Source: "from_address@hoge.com",
Destination: {
ToAddresses: ["to_address@fuga.com"]
},
Message: {
Subject: {
Data: "メールのタイトル"
},
Body: {
Text: {
Data: "メールの本文"
}
}
}
};

// メールを送信するSDK(API)実行
return await ses.sendEmail(params).promise();
} catch (err) {
throw err;
}
}


まとめ

今回はLambdaからその他のサービスと連携するサンプルをまとめました。LambdaはAWSの他のサービスとの親和性がかなり高いサービスです。S3やDynamoDBなどのデータレイクに格納する前にちょっと加工したり、SESなどのトリガーになったりします。

AWSLambdaは直接invokeしようとするとクレデンシャルを持たせないといけないのですが、Lambdaの前段にAPIGatewayを挟むこととで、Lambdaをinvokeするためのクレデンシャルを持たずにinvokeすることができます。

ではまた!