Posted at

DynamoDB の GUI ツールが公式から出たよ!


はじめに

みなさんAWS使ってますか? DynamoDB 使ってますか?

DynamoDB のコンソールってすごく使いづらくないですか?

頑張っても100件しか表示されないし、その100件の中でしか昇順降順の並び替えできないし…見た目もなんかあれだし………

でも今回紹介するツールを使えばそんな悩みも解消されるかもしれません!

今回紹介するのは NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB です!


NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB

AWSが公式でリリースしたデスクトップアプリです。(2019/09/17時点ではプレビュー版)

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/09/introducing-nosql-workbench-for-amazon-dynamodb-now-in-preview/

見た目もなかなかいい感じになっています。

NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB (Preview) 2019-09-17 10-27-11.png


使い方

使うにはローカルマシンAWS-CLIがインストールされている必要があるようです。

サイドメニューのDBっぽいアイコンをクリックするとこのような画面が開きます。

NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB (Preview) 2019-09-17 10-31-01.png

ここにはAWS-CLIで設定している profile が並んでいます。

ここから profile を選択すればその profile に付与されている権限の範囲内でテーブルを閲覧することが可能です。

NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB (Preview) 2019-09-17 10-33-56.png

Build operations からテーブルに対して UpdateItem だったり Query などの操作を行うことができます

NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB (Preview) 2019-09-17 10-35-57.png


使ってみよう

Query を実行してみましょう

先程の Build operation から Query を選択します

PartitionKey や SortKey の範囲指定などの各 Key に対する条件指定や、 IndexForword や Limit などの条件指定ができます。

Execute をクリックすると実際に Query が実行されます。

NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB (Preview) 2019-09-17 10-42-12.png

また Generate code をクリックすると Python / Node.js / Java のソースコードが生成されます。

NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB (Preview) 2019-09-17 10-46-21.png

これでLambdaなどを書くときの手間がかなり減りそうです!


さいごに

いかがでしたでしょうか?

実際に軽く使ってみただけでもかなり便利でした!

アカウントの切り替えが profile を選択するだけで済むので、AWSアカウントにログインし直すという手間がなくなります。

みなさんも一度使ってみてはいかがでしょうか?

ではまた!