CentOS
Yum

Remiリポジトリを使って最新版のphp等をyumでインストールする

More than 3 years have passed since last update.

root権限で作業する。


1. yumを最新にする

# yum install yum-fastestmirror

# yum upgrade
# yum update


2. リポジトリの取得と初期インストール済みパッケージのアップデート

GPGキーをインポートとリポジトリファイルを追加

# rpm –import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

# cd /etc/yum.repos.d
# wget http://rpms.famillecollet.com/remi-enterprise.repo


3. remiの設定ファイルを編集する

# vim /etc/yum.repos.d/remi-enterprise.repo

[remi]

name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux $releasever - $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php55]
name=Les RPM de remi de PHP 5.5 pour Enterprise Linux $releasever - $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/php55/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/php55/mirror
# WARNING: If you enable this repository, you must also enable "remi"
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

remi-testは消しても良い。

enabledを1にすると、デフォルトのレポジトリがremiになるが、今回は0のままにしておく。

yumコマンドを実行するときに、レポジトリをremiに指定すれば良い。

# yum --enablerepo=remi update

Apacheのインストールはこうなる。

# yum -y --enablerepo=remi install php