search
LoginSignup
9

More than 3 years have passed since last update.

posted at

VivadoをLinux (Ubuntu) にインストール (Ubuntu 18.04.2 LTS, Vivado 2019.1, 64bit環境)

この記事ではUbuntu 18.04 LTSを用い、Xilinx Vivadoをインストールと設定についてまとめました。VivadoのバージョンはHLx2019.1で確認しています。

ダウンロードとインストール

インストール時にアカウント情報が求められるため、まだXilinxのアカウントを作成していない場合は、ここからXilinxのアカウントを作成します。
アカウントを作った/すでに持っている人はここからインストローラーをダウンロードし、terminalでインストローラーを解凍したダイレクトリへ移動し、

sudo chmod +x [インストーラー]
sudo ./[インストーラー]

ダウンロードした.binファイルに実行権限を付与し/tools/Xilinxへインストールします。

a.png

上記のコードを実行するとこのような画面がでるのでNextをクリック。
b.png
次に、Xilinxのアカウントを情報を入力。下のチェックはデフォルトのDownload and Install Nowを選択。
c.png
ライセンスなどの合意が求められるので、すべてAgreeをチェック。
d.png
エディションは3つあるが一番上のVivado HL WebPACKを選択する。
e.png
インストールするツールを選択、デフォルトの設定で特に問題ないと思います。
次の画面ではインストール先を選択します。デフォルトでは/tools/Xilinxとなっているので問題なければインストールを開始する。時間は40分くらい

Cable_driverのインストール

ボードもしくはプログラミングケーブル用のデバイスドライバーはインストールされていませんので、これらは個別にインストールする必要があります。/tools/Xilinxにインストールした場合、インストールは次のようにします。

cd /tools/Xilinx/Vivado/2019.1/data/xicom/cable_drivers/lin64/install_script/install_drivers/
sudo ./install_drivers 

Vivadoの設定

このままではterminalでvivadoと打ってもvivadoは立ち上がりません。なので、まず、好きなエディタで~/.bashrcを開き、

sudo emacs ~/.bashrc 

以下のコードを付け加え、settings64.shを走らせるようにする。

source /tools/Xilinx/SDK/2019.1/settings64.sh 

保存をし、~/.bashrcをsourceする。

source ~/.bashrc

最後に

以上でインストールと設定は終了です。今後、Vivadoを使う人の少しでも参考になればと思います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
9