Posted at

ドットインストールで構築したLAMP環境のPHPを最新バージョンにアップデートする手順


概要

ドットインストールを参考にローカル開発環境を構築すると初めての人でも簡単にできますよね?私もお世話になった一人だったのですが、バージョンが古いのでいろいろと不都合があることもしばしば。

自分でアップデートしようにも、構築段階でブラックボックスな部分があって結局どうやってバージョンアップしたらいいのかわからない。という悩みを抱えている人は割と多いのかなって思います。

という事でこの記事では手っ取り早くドットインストールで構築したローカル開発環境のPHPバージョンを7.3にアップデートする手順を記載してます。


手順


必要なリポジトリの追加

$ sudo yum install epel-release

$ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

※REMIリポジトリのURLはCentOS 6.x用のためCentOS 7.xの場合は正しく追加されません(たぶん


既存PHP環境の削除

$ sudo cp /etc/php.ini /etc/php-old.ini

$ sudo yum remove php-*


PHP最新環境構築

$ sudo yum install libxml2-devel libxslt-devel libedit-devel

$ sudo yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-safe,remi-php73 php php-mbstring php-mysqlnd php-intl php-gd php-xml php-pecl-zip php-devel


参考文献

この記事は下記記事を参考に執筆しています。


既存PHP環境の削除、PHP最新環境構築

CentOS7のPHPを5.6/7.0/7.1/7.2/7.3系にバージョンアップする

https://qiita.com/heimaru1231/items/84d0beca81ca5fdcffd0


開発版のインストール

CentOSにlxmlをインストールするときにlibxml/xmlversion.hがないと怒られる場合の対処法

https://qiita.com/zabeth129/items/da3e053e303f783af9a4


追加しているリポジトリの詳細

CentOSのyumレポジトリ: EPEL, Remi, Software Collectionsの違いとまとめ

https://qiita.com/takeshi_nozawa/items/ee01981b4fc338209437