Posted at

CentOS6.4にEmacs24を入れる

More than 5 years have passed since last update.

ローカルのEmacsからさくらVPSに /ssh:sakura:~/hoge な感じで繋げようとしたら妙に重たかったので「ローカルからファイルが開けなければ、サーバーにEmacsを入れればいいじゃない。」という脳内アドバイスに従うことにしました。

sudo yum install emacs すれば Emacs23 が入るみたいですが、どうせなら Githubに上げてる .emacs.d をMacやUbuntuと共用で使いたいので同じバージョンの24を入れたくなりました。


インストール方法

まず ~/src にでも移動して $ git clone git://git.savannah.gnu.org/emacs.git します。1GB近くのファイルが落ちてくるので「……な、なんだと!」とBleach風に驚きながら終わるのを待ちましょう。

$ sudo yum groupinstall "Development Tools"

$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-2.68.tar.bz2
$ tar xf autoconf-2.68.tar.bz2
$ cd autoconf-2.68
$ ./configure; make; sudo make install
$ sudo yum install texinfo libXpm-devel giflib-devel libtiff-devel libotf-devel
$ cd emacs
$ ./autogen.sh
$ ./configure --without-x
$ make bootstrap
$ sudo make install

以上でインストール終了!


make bootstrap の説明

READMEから抜粋


make bootstrap


Removes all the compiled files to force a new bootstrap from a


clean slate, and then build in the normal way.



参照

Compile Emacs 24 on CentOS/Redhat 6 » Embrace Dreams

http://haulynjason.net/weblog/2013/05/compile-emacs-24-on-centosredhat-6/