【初心者による初心者のためのGitHub】リポジトリへのプッシュまで。(Rails Ver)

  • 99
    いいね
  • 1
    コメント

初めてGitHub使って、わくわくしている千葉です。
今日は初心者なる自分が、初心者へ向けての記事です。

GitHubとは

ファイルのバージョンを管理してくれるもの。
ファイル壊して戻したり、複数人でファイル修正してマージできます。

まずは、ローカルでgitコミット

git環境については、私はmacなので初めからインストールされておりました。(rails入れる過程で自分で入れたのかも?残念ながら忘れました。。。)
なので、インストールについてはググってください(冷徹)
インストール終わってる状態から始めます。

gitの初期設定

まずは、ユーザ設定をします。これは1回行えばおkです。

$ git config --global user.name "ユーザ名"
$ git config --global user.email メールアドレス

※メアドはもちろん、公開用の物をご指定してください。コミットログに記載されます。

エディタの設定

コミットログを書く時に起動する、デフォルトのエディタを設定します。
私は、vim使いになるべくvimを指定します。

$ git config --global core.editor "vim -f"

gitの初期化

私の場合は、railsアプリをコミットします。
railsアプリのホームディレクトリで実行します。
rails以外の環境でやってないので、エラーになった方はググってください(すみません)

$ git init

git管理から除外するファイルの設定

不要ファイルを指定します。
例えば、ログ等更新されるもの(コミットされてもいらんですよね)
railsの場合は、以下を指定します。

.gitignore
# Ignore bundler config.
/.bundle

# Ignore the default SQLite database.
/db/*.sqlite3
/db/*.sqlite3-journal

# Ignore all logfiles and tempfiles.
/log/*.log
/tmp

# Ignore other unneeded files.
doc/
*.swp
*~
.project
.DS_Store
.idea
.secret

抜粋:: Michael Hartl(マイケル・ハートル). “Ruby on Rails チュートリアル"

ローカルリポジトリにコミット

ステージングエリアへ登録(コミット待ち状態へ)

$ git add .

ローカルレポジトリコミット

$ git commit -m "Initialize repository"

コミットログの確認

$ git log

GitHubにプッシュ

  1. まずは、GitHubアカウント作成
  2. 通信は暗号化しましょう。SSHkeyの設定
  3. レポジトリの作成
  4. GitHubへのpush

実行コマンド

$ git remote add origin https://github.com/<username>/first_app.git
$ git push -u origin master

これでリGitHubのポジトリに登録されている。
GitHubにログインして、ファイルが登録されてるのを確認してみてください。

その他参考コマンド

コミット待ちファイルの表示

$ git status

チェックアウト

$ git checkout

リモートレポジトリコミット

$ git push