Help us understand the problem. What is going on with this article?

RHEL ネットワーク設定方法

Linux RedHat ネットワーク設定方法とは?

2種類のファイルを書き換えます

1:/etc/sysconfig/network
2:/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens192

1:/etc/sysconfig/network

上記のファイルは、接続するネットワークを決めるファイルです
固定IPにするのか、DHCPによるIP設定にするのかで設定が異なります

/etc/sysconfig/networkを設定するには?

viコマンドの利用

# vi /etc/sysconfig/network
 NETWORKING=yes
 HOSTNAME=test.your.domain.name
 DOMAINNAME=your.domain.name
 GATEWAY=192.168.0.2

上記ファイルの中身では、個々の行ごとに意味があります。

説明                     
NETWORKING ネットワークを使用するかどうか (yes/no)     
HOSTNAME このシステムのホスト名(FQDN)  
DOMAINNAME ネットワークのドメイン名
GATEWAY ゲートウェイマシンのIP アドレス

因みに、AWSでは書き込みできない様です。下記のように表示されました。

# cat /etc/sysconfig/network
# Created by cloud-init on instance boot automatically, do not edit.
#
NETWORKING=yes

2:/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens192

上記のファイルはそのシステムのネットワークインターフェースに関する定義をします。
手動で作成する場合はifcfg-loをコピーし作成すると良いです。

※インターフェース名をifcfg-eth0などに変更する際はmvコマンドを使用します。
 名前を変更する際はnetwork-scriptsまで移動する必要があります。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens192を設定するには?

viコマンドの利用

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens192

このファイルの中身も、個々の行で意味があります。

オプション 説明    
DEVICE ネットワークインターフェース名
BROADCAST ブロードキャストアドレス
IPADDR そのシステムのIP アドレス
NETMASK ネットマスク     
NETWORK そのシステムが属するネットワーク
BOOTPROTO システム起動時にIP アドレス等を割り当てられるしくみを利用するか否かの設定
ONBOOT 起動時に有効にするかどうか(yes/no)

引用

Linux ネットワーク基本設定其の一

https://kazmax.zpp.jp/network/net.html

ネットワークの設定と操作

https://users.miraclelinux.com/technet/document/linux/training/1_5_1.html

以上がネットワークの設定方法でした。
最後までお読みいただきありがとうございました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away