Help us understand the problem. What is going on with this article?

RHELバージョン確認方法

経緯

目的:RedHat7.7の検証環境の作成
試行 ①AWS環境にて7.7の作成を試みましたが、存在しないことが判明
   ②AWS環境にてRedHat7.6を作成し、7.7にバージョンアップさせることにしました。

Linux RedHatバージョン確認するには?

catコマンドの利用

Linux RedHat7.6のバージョンを確認する為には、catコマンドを利用します。
実行コマンド下記の通りです。

# cat /etc/redhat-release
  Red Hat Enterprise Linux Server release 7.7 (Maipo)

バージョンアップしたい場合

仮にバージョンが所定のバージョンでは作成できない場合、
下記コマンドを利用してバージョンアップします。

# yum upgrade -y
# reboot

yum upgradeコマンドのオプション-yは、「全ての問いにyesと答える」という意味です。
つまり、バージョンアップする際にまとめてyesと答えたこととなり、いちいち問いかけられる質問にyesと入力する手間が省けます。
他のオプションに関しましては、helpコマンドを入力の上、お確かめください。

[注意]
yumコマンドでバージョンアップした後、再起動を忘れずに行ってください。
再起動後、再度確認コマンドを実行し、反映されていることを確認してください。

引用

https://eng-entrance.com/linux-os-version

以上がバージョンの確認方法でした。
最後までご覧くださりありがとうございました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away