Arduino

Arduino回路側を組むのに必要な基礎の基礎の基礎

More than 3 years have passed since last update.


Arduino基盤


5V

5Vの電圧がとれる。プラス側。回路のスタート地点。


GND

グラウンド。電圧0、マイナス側。回路の終着地点。


デジタル入力・出力

プログラム側でPinModeを宣言することで入力、出力どちらもできる。

0Vか5Vか(LOWかHIGHか/0か1か/FalseかTrueか)を扱える。


アナログ入力

0〜1023の1024段階の値を読み取れる(0V〜5Vを1024に段階に分けて読み取る)。

主にセンサ(光量・温度・音量.etc)、ボリュームつまみなどの値の読み取りに使用。


アナログ出力

0〜255の256段階の値を出力できる(0V〜5Vを256段階に分けて出力)。

LEDの光量調節等に利用。


外部電源

通常はUSBから給電されるが、電池で動かしたいなどそれ以外を利用したいときに使う。

6V〜20V。


電子回路の考え方


電気の輪っかの考え方

プラス(Arduino:5Vピン)からマイナス(Arduino:GND)へ電気が流れる輪となるようにつなぐ。

そのスタート(5V)とゴール(GND)の間にセンサ・モーター・抵抗などをはさむ。

スタートの5Vの電気がセンサ・モーター・抵抗などに消費され0V(GND)に帰るようにする。


全体の構成

基本的な構成は以下。

入力(各種センサー等)=>処理(Arduino)=>出力(LED・モーター・スピーカー等)

この入力・出力についてそれぞれ電気の輪っかを作る。


入力

5V=>センサ-=>GND

   └Arduinoアナログ/デジタル入力ピン
(値の読み取り)


出力

Arudnoアナログ/デジタル出力ピン=>出力部品(LED/モーター/スピーカー等)=>GND

※GNDは入力・出力共通


電子部品をつなぐ方向

多くの電子部品はプラスとマイナスをつなぐ方向が決まっている。プラスの足とマイナスの足はコードの色や長さで見分けられるので確かめてからつなぐ。


抵抗について

電気の輪っかにおいて、センサーやモーターなどで5Vを消費しきれない場合は適切な値の抵抗を挟む。

挟まないと場合によっては壊れる。


ブレッドボードについて

見れば、または刺せば、またはサンプルの回路を組めばわかる。やってみた方が早い。