Posted at

CentOS6.4にmemcachedをインストールしPHPで利用できるようにするまで

More than 5 years have passed since last update.

CentOS6.4にmemcachedをインストールし、phpで利用できるまで。

最初に、yumパッケージにはmemcachedが入っていなかったので、rpmを追加

rpm -Uhv http://apt.sw.be/redhat/el5/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm

memcachedの追加

yum install memcached

またpeclでmemcacheをインストールする際に必要となるパッケージを追加

yum install php-pecl-memcached

yum install gcc
yum install automake
yum install autoconf
yum install libtool
yum install make
yum install zlib-devel

また、peclでmemcacheを入れる際に、warning出たので回避のためre2c追加

cd /usr/local/src/

wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

#指定して使用するようにデフォルトは無効とする
vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

# 設定のenabledを0に
enabled = 0

re2cインストール

yum --enablerepo=rpmforge install re2c

memcacheインストール

pecl install memcache

起動設定

/etc/init.d/memcached start

chkconfig memcached on

これで、phpでmemcacheを利用出来るようになりました。

# php -i | grep memcache


/etc/php.d/memcached.ini,
memcache
memcache support => enabled
memcache.allow_failover => 1 => 1
memcache.chunk_size => 8192 => 8192
memcache.default_port => 11211 => 11211
memcache.default_timeout_ms => 1000 => 1000
memcache.hash_function => crc32 => crc32
memcache.hash_strategy => standard => standard
memcache.max_failover_attempts => 20 => 20
memcached
memcached support => enabled
libmemcached version => 0.31
Registered save handlers => files user memcache memcached

後は環境に合わせて設定の変更を行なう。