Help us understand the problem. What is going on with this article?

ubuntu 18.04 LTS のサーバーに公開鍵認証でssh接続

More than 1 year has passed since last update.

自分の備忘録でもあり、研究室の皆様向けにも公開。
初めての投稿なので色々指摘していただけると幸いです。

なお、クライアント側で使用するPCのOSがUnix系統(Mac OS X, Linux)であるときの解説です。

以下のサイトを参考にしました。

sshで公開鍵認証を使ってアクセスする
https://qiita.com/mountcedar/items/43157ff1225c56500655

単語解説

覚えておいてほしい単語を解説します。
混ざらぬよう定義しておきます。

サーバ:これから接続するubuntu 18.04 LTSのPC
サーバ側アカウント名:サーバの接続したいアカウント名のこと
クライアント:自分のPC
クライアント側アカウント名:自分のアカウント名のこと

説明のため、サーバーのIPアドレスなどを定義しておきます。
Ubutnu 18.04 LTSのサーバーでは「設定→ネットワーク→歯車マーク→詳細タブ」に記載があります。

サーバIPアドレス: 123.456.78.91
サーバ側アカウント名: hogehoge

クライアント側

 鍵の作成

秘密鍵と公開鍵を作成します。

作成場所は「 /home/<クライアント側アカウント名>/.ssh 」です。
まずは移動します。

$ cd /home/<クライアント側アカウント名>/.ssh #「cd ~/.ssh」でも可

鍵を作成します。

任意の名前をつけてください。
研究室の方は、鍵の名前を「is_rsa_<自分の名字>」にして下さると助かります。

以下、例として鍵の名前を「is_rsa_tanaka」にします。

$ ssh-keygen -t rsa -f is_rsa_tanaka
$ ls
id_rsa_tanaka  id_rsa_tanaka.pub

lsコマンドで確認すると、2つの鍵が作成されたことが分かります。

id_rsa_tanaka:秘密鍵
id_rsa_tanaka.pub :公開鍵

このようになっています。

 公開鍵をサーバに送信

アクセスするサーバに公開鍵を送信します。

hogehoge@123.456.78.91」は「サーバ側アカウント名@サーバIPアドレス」という意味です。
送信先は「/home/<サーバ側アカウント名>/.ssh」ですので、「/home/hogehoge/.ssh」となっています。

$ scp id_rsa_tanaka.pub hogehoge@123.456.78.91:/home/hogehoge/.ssh

ただ、サーバーのポートを変更している/変更されている方もいるはずです。
その場合、上記を実行してもエラーがでるはずです。

その方はポートの指定が必要です。

$ scp -P <ポート番号> id_rsa_tanaka.pub hogehoge@123.456.78.91:/home/hogehoge/.ssh

研究室ではポート番号を指定していますので、聞きに来てください。

 秘密鍵の管理

すでに「 /home/<クライアント側アカウント名>/.ssh 」に「id_rsa」が存在する人もいると思います。
複数のサーバーにアクセスする可能性も踏まえてconfigファイルを作成します。

参考: .ssh/configファイルでSSH接続を管理する
https://qiita.com/0084ken/items/2e4e9ae44ec5e01328f1

$ touch ~/.ssh/config #configファイル新規作成

今回の場合は以下を書き込みます。
「#」のコメントは消してください

# hogehoge@123.456.78.91サーバー
Host hogehoge #ホスト名
    HostName 123.456.78.91 #IPアドレス
    User hogehoge #ログインユーザー
    IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_tanaka #秘密鍵のパス
    Port 22 #ポート番号。初期は22ですが変更している場合は各自で確認してください。

 接続確認

サーバーに接続できるか確認します。

$ ssh hogehoge

終了は「exit」です。

$ exit
Connection to 123.456.78.91 closed.

最後に

ubuntu 18.04 LTSのサーバー立ち上げ方法については、後日時間があれば.....

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした