Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon DynamoDB制限事項

More than 5 years have passed since last update.

これは2014/09/22時点の内容です。
AWSのサービスは頻繁にアップデートされるので随時調査が必要です。

テーブル数

  • 1アカウント1リージョンあたり256個まで(サポートに依頼すれば緩和できる)

レコードサイズ

  • 1つの項目(レコード)の合計サイズは 64KBまで 。(属性名と属性値を含む)

→ 400KBまでに拡張されました。(2014/10/8)
http://www.allthingsdistributed.com/2014/10/document-model-dynamodb.html

BatchWriteItem

  • Put または Delete で最大 25 項目
  • 合計リクエストサイズは最大 1 MB

BatchGetItems

  • 1 回の応答のサイズ制限は 1 MB
  • 最大 100 個の項目

Query

  • 1 応答あたりのサイズ上限は 1 MB

Scan

  • 合計サイズが1 MBまで。以降はLastEvaluatedKeyを使って取得。

スループット

  • スループットの上限はなし
  • ただし、10,000 書き込み/秒または 10,000 読み込み/秒を超える場合は要連絡

LSI(Local Secondary Index)

  • LSI は [MC4] のすべての要素(テーブルとインデックス)の合計サイズを、ハッシュキー値ごとに 10 GBに制限します。
  • 各テーブルに最大 5 個まで。

→ MC4て何じゃ。翻訳もれかな。

  • LSIは、ハッシュおよび範囲キーがあるテーブルでのみ使用できます。ハッシュキーのみのテーブルでは LSI は使用できません。

GSI(Global Secondary Index)

  • 1クエリは 1 つの GSI しか使用できない。

項目コレクション

項目コレクションとは

Amazon DynamoDB では、項目コレクションとは、テーブルおよび
テーブルのローカルセカンダリインデックス全体で同じハッシュキーを持つ
任意の項目グループです。

  • Amazon DynamoDB のすべての項目コレクションには、10 ギガバイトの最大サイズ制限が適用されます。
  • 項目コレクションに対する 10 GB 制限は、ローカルセカンダリインデックスを含まないテーブルには適用されません。1 つ以上のローカルセカンダリインデックスを含むテーブルのみに影響します。

→ どっちだよ。

mercari
フリマアプリ「メルカリ」を、グローバルで開発しています。
https://tech.mercari.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした