Edited at

Ubuntuで不要なファイルを削除してディスクスペースを確保する

More than 3 years have passed since last update.


  • VM で利用している Ubuntu 10.04 Desktop で,ディスクスペースが十分でないという警告が出たので,いくつかスペースを確保する手段を講じました.


  1. Chromium, Firefox のキャッシュファイルを削除

  2. 不要なパッケージを削除

  3. 不要な linux-image パッケージを削除


1. Chromium, Firefox のキャッシュファイルを削除

Chromium のキャッシュは,

~/.cache/chromium/Cache

にある.Firefox のキャッシュは,

~/.mozilla/firefox/{random}.default/Cache

にある.それぞれ中身を削除.


2. 不要なパッケージなどを削除

まず,apt のパッケージキャッシュをクリア.

$ apt-get clean

他に不要なパッケージを削除する.例えば,


  • gnome-games

  • gnome-user-guide

  • Mozilla Thunderbird

  • OpenOffice(私の環境では既に削除してあった)

など不要なパッケージを削除.このへんは個人の環境に依ると思います.

削除対象のパッケージは参照[1]を参考にしました(ちょっと情報が古い).

$ apt-get autoremove

を使うと,依存関係のない不要なパッケージを削除してくれるようです.


3. 不要な linux-image パッケージを削除

やることは 2 とだいたい同じなんですが,かなり効果的だったので分けました.

長く使っているVMということで,古い linux kernel のパッケージがたくさん残されており,それがかなりのスペース(2.4GB)を消費していました.

$ dpkg -l 'linux-image-*'

とやると,インストール済みの linux-image パッケージがリストされ,いま使っているカーネル以外のパッケージを削除することでスペースを確保出来ます.いま使っている linux カーネルは,

$ uname -r

することで確認できます.この使っているもの以外の linux-image パッケージのリストアップと,その削除を一発でやるコマンドが参照[2]に挙げるページにありました.sed コマンドの細かい解説も書いてあり,親切です.

dpkg -l 'linux-*' | sed '/^ii/!d;/'"$(uname -r | sed "s/\(.*\)-\([^0-9]\+\)/\1/")"'/d;s/^[^ ]* [^ ]* \([^ ]*\).*/\1/;/[0-9]/!d' | xargs sudo apt-get -y purge

これらを実行することで,最終的にスペースを 20% ほど開放することができました(df コマンドで確認).


参照