MacPorts あれこれ

More than 3 years have passed since last update.


アップデート

インストールされているportをすべてアップデートする.

sudo port selfupdate && sudo port upgrade outdated


インストールされているが,active でないものを削除する

ノートPCなどでディスクが圧迫される場合に,もう使われていないパッケージを削除することで開放できることがある.

port installed|grep -v '(active)'|sed -e 1d|sudo xargs port uninstall


Activeなportをすべてdeactivateする

OSのアップデート前やMacPortsを再インストールする前にやっておくと良い.MacPortsはだいたいのファイルは/opt/local以下にファイルがあるが,一部のファイルは/Applications/MacPortsやその他の場所にインストールされるので,MacPortsの再インストール前にはdeactivateして削除しておくと良い.

port installed|fgrep '(active)'|sed -e 's/(active)//g'|sudo xargs port deactivate


デフォルトのPythonをMacPortsのPythonに設定する

以下のコマンドでpythonと打って呼び出されるコマンドをMacPortsのものにできる.(python27がインストールされていることが前提となる)

sudo port select --set python python27


port selectで選択可能なリストを見る

pythonとして指定可能なリストは以下のようにして見れる.

port select --list python

ただ,python以外に何が指定できるかをportコマンドで見る方法はない.そこで,以下のコマンドを実行するとgroupとして何が利用可能なのかを確認できる.

ls /opt/local/etc/select


MacPortsのバイナリを共有する

複数台のMacを所有しているときにMacPortsのバイナリを共有することができる.多くのportにおいてバイナリパッケージが提供されているが,されていない場合にはビルドに時間がかかる.それを,複数台のコンピュータで繰り返すのは無駄なので,一台のコンピュータでビルドされたものを使い回すことができる.

詳細については以下のURLを参照.

https://trac.macports.org/wiki/howto/ShareArchives2