Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
13
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@informationsea

MacPorts あれこれ

More than 5 years have passed since last update.

アップデート

インストールされているportをすべてアップデートする.

sudo port selfupdate && sudo port upgrade outdated

インストールされているが,active でないものを削除する

ノートPCなどでディスクが圧迫される場合に,もう使われていないパッケージを削除することで開放できることがある.

port installed|grep -v '(active)'|sed -e 1d|sudo xargs port uninstall

Activeなportをすべてdeactivateする

OSのアップデート前やMacPortsを再インストールする前にやっておくと良い.MacPortsはだいたいのファイルは/opt/local以下にファイルがあるが,一部のファイルは/Applications/MacPortsやその他の場所にインストールされるので,MacPortsの再インストール前にはdeactivateして削除しておくと良い.

port installed|fgrep '(active)'|sed -e 's/(active)//g'|sudo xargs port deactivate

デフォルトのPythonをMacPortsのPythonに設定する

以下のコマンドでpythonと打って呼び出されるコマンドをMacPortsのものにできる.(python27がインストールされていることが前提となる)

sudo port select --set python python27

port selectで選択可能なリストを見る

pythonとして指定可能なリストは以下のようにして見れる.

port select --list python

ただ,python以外に何が指定できるかをportコマンドで見る方法はない.そこで,以下のコマンドを実行するとgroupとして何が利用可能なのかを確認できる.

ls /opt/local/etc/select

MacPortsのバイナリを共有する

複数台のMacを所有しているときにMacPortsのバイナリを共有することができる.多くのportにおいてバイナリパッケージが提供されているが,されていない場合にはビルドに時間がかかる.それを,複数台のコンピュータで繰り返すのは無駄なので,一台のコンピュータでビルドされたものを使い回すことができる.

詳細については以下のURLを参照.

13
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
informationsea
Github: https://github.com/informationsea / Twitter: https://twitter.com/informationsea

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
13
Help us understand the problem. What is going on with this article?