Edited at

git pullしてきたときに "git pull origin 自分のいるブランチ" するコマンド

More than 1 year has passed since last update.

適当に pull と push を作りました。

pushについてはy/nとかつけたほうが良さそうな気もしますが、今はつけてないです


~/.bash_profule

git_branch() {

echo $(git branch --no-color 2>/dev/null | sed -ne "s/^\* \(.*\)$/\1/p")
}
alias pull='git pull origin `echo $(git_branch)`'
alias push='git push origin `echo $(git_branch)`'

git_branch()はechoで今いるブランチを出力するだけの関数で、これをgit pull originに足してあげることでoriginの入力を省略してます。

pullした時の例

$ pull

remote: Counting objects: 6, done.
remote: Compressing objects: 100% (6/6), done.
remote: Total 6 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (6/6), done.
From github.com:aaaaa/iiiii
* branch develop -> FETCH_HEAD
*********** develop -> origin/develop
Updating ***********
Fast-forward
path/to/filename | 2 +-
1 file changed, 1 insertion(+), 1 deletion(-)

git pullしたときの挙動を今自分がいるブランチに直す方法がわからなかったので自分でつくりました。

誰かもっといい方法知っていたら教えてください〜