LoginSignup
43

More than 5 years have passed since last update.

CentOS7.0にJenkinsをインストールする

Last updated at Posted at 2016-02-07

CentOSにJenkinsをインストールする方法は複数あります。

一番簡単な方法はダウンロードしたJenkinsのwarファイルをTomcatのようなアプリケーションサーバーに配置するだけで終わります。

ですが、今回はJenkinsの公式HPにも載っているyumを使った方法について紹介します。yumなので難しくありません。
https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Installing+Jenkins+on+Red+Hat+distributions

OpenJDKをインストール

Jenkinsが動く必須条件としては「Java7以上がインストールされていること」があります。昔はJava6でも問題ありませんでしたが、最新バージョンのJenkinsではJava7以上が必須条件となりました。CentOSにJava7以上がインストールされていない場合はインストールしてください。ここでは、OpenJDKを使用しますが、OpenJDKに不安がある方はOracleJDKでも問題ありません。

# yum install java-1.8.0-openjdk

yumリポジトリに追加

DefaultのyumリポジトリではJenkinsのダウンロードができないので追加します。
ここでは安定バージョン₍stable₎を利用します。

$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat-stable/jenkins.repo

RPMパッケージの公開鍵をインポート

Jenkinsのインストール時使われる公開鍵をインポートします。インストールに使うJenkinsのRPMパッケージに問題がないか₍改ざんされてないか₎をチェックするためにあります。

$ sudo rpm --import https://jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

Jenkinsインストール

$ sudo yum install jenkins

ポート変更

$ vi /etc/sysconfig/jenkins
-----
JENKINS_PORT="8082"
-----

サービススタート

$ sudo service jenkins start

ランレベル₍chkconfig₎に登録

$ sudo chkconfig jenkins on

これでインストールが完了しました。Jenkinsの初期設定画面を確認してください。
http://#ipadress#:8082/

初期設定の最初はパスワードを聞かれますが、画面の指示通りにサーバーでパスワードを確認して入力します。

$ sudo cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

※インストールの過程でApacheやTomcatのなどのWebサーバー、アプリケーションサーバーをインストールしなくても動くのはJenkinsの中にはJettyという軽量のServletコンテナが同梱されているからです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
43