Help us understand the problem. What is going on with this article?

データベースからLaravelのSeederを逆生成する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

結論から言うと、orangehill/iseedを使えば、逆生成できます。
逆生成したくなった背景は下記のとおり。

  • Laravel 5.4で書かれたAPI
  • データベースを使った機能テストを書きたい
  • マイグレーションはある
  • Seederは使っていない
  • いわゆるマスターデータ(最初から投入されているデータ)が必要
  • CI環境(など使い捨ての環境)でテストを自動実行したい

導入手順

READMEを読めば分かることですが、やったことを列挙します。

  • composer require --dev "orangehill/iseed"
    • 開発者しか使わない機能なので、--devでインストール
  • config/app.phpprovidersOrangehill\Iseed\IseedServiceProvider::classを追加

artisanコマンド

下記のようにartisanコマンドを実行すれば、Seederクラスが生成されます。

$ php artisan iseed {table_name}

仮に、categoriesテーブルだとすると、以下のようになります。

// database/seeds/CategoriesTableSeeder.php
<?php

use Illuminate\Database\Seeder;

class CategoriesTableSeeder extends Seeder
{

    /**
     * Auto generated seed file
     *
     * @return void
     */
    public function run()
    {


        \DB::table('categories')->delete();

        \DB::table('categories')->insert(array (
            0 => 
            array (
                'id' => 1,
                /* ...(中略)... */
            ),
            1 => 
            array (
                'id' => 2,
                /* ...(中略)... */
            ),
            2 => 

外部キーチェックを一時的に無効にする(MySQLの場合)

外部キーがある場合、\DB::table('categories')->delete();でエラーになったので、\DB::statement('SET FOREIGN_KEY_CHECKS=0');で外部キーチェックを一時的に無効にし、\DB::statement('SET FOREIGN_KEY_CHECKS=1');で有効にすることで回避しました。

おわりに

Seederがなくても、Migrationがなくても、DBをモックせずに、機能テストを書くようにしましょう。
ではでは。

photocreate
ITの力で、写真を通じて感動があふれかえる社会を実現する「フォトライフ構想」を目指すWebサービスを展開しています
https://www.photocreate.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした