Android
adb
AndroidStudio

AndroidStudioからワイヤレスで実機ビルド for Mac

More than 1 year has passed since last update.

追記: 20115/9/17
「4. adbコマンドで端末を接続する」でうまく繋がらないときは adb kill-serveradb start-serverでadbの再起動を試してみてください。


すごく便利なワイヤレスでの実機ビルドの方法。

他にもいくつかエントリがありますが、Mac環境で行われたものが少なかったり、
情報が分散されていて初心者にはちょっと不便だったので、一連の流れをまとめました。

基本的には、以下のエントリでとてもわかりやすく記載されています。

無線LANを使ってAndroidアプリの実機デバッグを行ってみる。
http://www.absolute-keitarou.net/blog/?p=874

1. ADT Bundleをダウンロード

残念ながらAndroidStudioが正式リリースされてからdeveloper.android.comのページからは、
ADT Bundle(Eclipse with ADT Plugin & Android SDK)がダウンロードできなくなっています。

ADT Bundleは以下から入手できます。
http://stackoverflow.com/questions/27449206/what-is-the-final-version-of-the-adt-bundle

ADT Bundleがダウンロードできたら、
SDKのフォルダだけをapplicationのディレクトリに移動します。

adt-bundle-mac-x86_64-20140702_2.png

2. adbのパスを通す

もちろんこのままではadbコマンドは使えないので、
android SDKを置いたディレクトリにパスを通します。

.bash_profileを開きます

$ sudo vi .bash_profile

以下のようにパスを記述し、:wqで閉じます

export PATH="/Applications/android-sdk/tools:$PATH"

これで、adbコマンドが使えるようになります

$ adb -version
Android Debug Bridge version 1.0.31

3. 接続している端末のIPアドレスを調べる

端末によって微妙に場所が違うようなので、適時、確認してください。
Nexus7では、設定 > タブレット情報 > 端末の状態にありました。

4. adbコマンドで端末を接続する

# 任意のポート
> adb tcpip 5555

# 3で調べた端末のIPアドレス(+任意のポート番号)で接続する
> adb connect 192.0.2.0/24:5555

いくつかのエントリではこれで端末に接続できるとありますが、
残念ながらdevice not foundとなる場合があります。

> adb connect 192.0.2.0/24:5555
device not found

device not found になった場合


以下の参考リンクに原因と解決方法があります。

http://stackoverflow.com/questions/6026948/cant-find-android-device-using-adb-devices-command

ここでは、解決方法だけを記述します。

実機ビルドしたい端末を接続した状態で、このMacについてを開きます。

この_Mac_について_と_下書きを編集_-_Qiita.png

システムレポートを開きます。

MacBook_Pro.png

左のツリーメニューからUSBを選択し、対象の端末を選択します。
製品ID(nexus7の場合は0x4ee2)をメモします。

~/.android/adb_usb.iniを開きます。

$ vi ~/.android/adb_usb.ini

メモした端末IDだけを記述して:wqで閉じます。

0x4ee2

adbサーバープロセスを再起動します。

$ adb kill-server 
$ adb start-server

これで端末が正常に接続できるはずです。
"conected to~"と表示されたら成功です。

$ adb connect 192.0.2.0/24:5555
connected to 192.0.2.0/24:5555

5. AndroidStudioで実機ビルドしてみる

これで設定は完了です。

USBケーブルで接続している端末を抜き、いつも通りAndroidStudioでビルドボタンを押してみましょう。

buildbtn.png
Choose_Device.png

すると、ちゃんと端末が認識されているはずです。
これでワイヤレスで実機ビルドができるようになりました。

6. 端末の接続を解除する

実機での開発が終わったらadbサーバープロセスを終了します。

$ adb kill-server 

以上です。