Help us understand the problem. What is going on with this article?

初心者が独学で失敗したこと

WEB系企業に転職を目指し、独学で学習中です。
やらなければよかった、選択を間違えたという失敗談を記します。
※学習中のため、失敗が増えるたびに更新します。
(2019/11/20)内容順に項目を並べていましたが、追記順(後尾に追加)に変更しました。タイトルを変更しました。

PCにコストをかけすぎた(かも)

WEB系ならmacbook!ということで、何はともあれmacbook airをメモリ増設で発注しました。
macという選択肢は良かったのですが、増設により届くまで1週間ほどかかりました。
(届くまでの間はprogateをやっていました)

オーバースペックだったかもしれません。
あと、選ぶのに時間をかけすぎました。やっと選んで発注してもそれからすぐには届きません。

(教訓)macならなんでも良かった気がします。

(windowsをベースに解説してある書籍が意外と多いので、人によってはwindows PCでも問題ないかもしれません)

Rubyから始めたのに、PHPに手を出した

地方在住・年齢(アラフォー)・独学という悪条件があったため、途中でPHPに一旦切り替えましたが、学習の進捗がかなり難航しました。

テキスト選びに失敗したのかもしれませんが、2019年時点ではRubyの方がPHPより「定番」と言われる学習ツールが充実しており、かつ、少なくとも関西ならばPHPとRubyでそれほど求人件数も変わりませんでした。

しかも、 何か一つやったら、あとから言語を変えても遅くないようです。

(教訓)とりあえず、Rubyから始めて問題なさそうです。

Windows推しっぽい書籍を選んでしまった

具体的にいうと、「気づけばプロ並みPHP」という本なのですが、本当にどハマりしてしまいました。

環境構築(XAMPP)が全く進まない・¥マークの表示など、ほとんどの時間を本筋とは別のところで使ってしまい、力尽きました。

ちなみ、上記書籍はPHPなのかSQLなのかHTMLなのか、よくわからないままごちゃごちゃになってしまったのも辛かったです。

(教訓)自分の環境に近い書籍や教材を選ぶ

(教訓)WEB系を目指すならば、WEB系の仕事についている著者の書籍を選ぶ

ちなみに、もっとも環境設定などで詰まることがないのは「ドットインストール」だと思います。
「〜〜以降のバージョンではこの作業は不要となりました」など注意喚起してくれ、アップデートが早いです。

余分なスペースを入れてしまい、バグ発生

最初Progateを始めたときに、すごく印象に残ったのが「スペースや改行を入れて、見やすくしなさい」という文言。それに基づいてやっていましたが・・・

スペースを入れてはいけないところがあるというのは最初知らずにかなりハマったことがありました。

全角と半角、特に全角スペースを入れてしまうとダメと色々な教材でよく注意されます。
加えて、スペースをそもそも入れてはいけないところがあるというのも要注意でした。
(知らなかったですし、見やすければいいのだと思っていました)

特に書籍はスペースがわかりにくいので、ホントに注意が必要です。

(教訓)スペースはときどき、入れてもダメ、入れなくてもダメ。

Railsチュートリアルでcloud9を選択した

これは現在進行中(2019年11月)です。

railsチュートリアルの第1章で、ローカル環境開発かIDE(cloud9)かを選ぶ際に、チュートリアルの文章的にはcloud9推しという感じだったので、cloud9を選びました。
が、cloud9に起因すると思われるエラーから抜け出すのに時間がかかっています。

ちなみに、チュートリアルで最初にcloud9推しっぽい(と感じた)のですが、そのあとすぐに説明の中心がローカルが基本となり、肩透かしをくらった気分になりました・・・。

(教訓)Railsチュートリアルではローカル環境開発がおすすめ

いちいちシャットダウンしてしまう

隙間時間にもできる限り先にすすめていく独学のため、いちいちシャットダウンしてしまうと、作業を開始するのにすごく時間がかかってしまいます。

icloud9 などは毎回作業が必要だったり、時間が経つと勝手にきれていたりして、
私はどこから始めて良いかわからなくなってしまったり、しなくてもいいことを再度してしまったり、
コードがおかしくなるということが数回ありました。

閉じるだけだと、すぐに前と同じ環境で始められて、すごく便利です。

(教訓)macbookはシャットダウンせず、閉じるだけ

ググって、設定を変えてしまう

独学のため、何かエラーが出ると、とりあえずググって解決方法を探します。

ところが、これが結構落とし穴で、ググっているときは藁をもすがる思いで、該当しそうなアドバイスを探してあれこれやってみるのですが、これがとんだ落とし穴にはまること数回・・・。

あっちこっちの情報からひっぱてくるので、通常考えられないようなところにボトツネックが発生。にっちもさっちもいかなくなります。

(教訓)設定は安易にいじらない

ファイルの作成場所が違うことに気づかない

Railsチュートリアル4.4.5 ユーザークラスにて、いくらirbから
require './example_user'
としても
LoadError (cannot load such file -- ./example_user)

結局、VSCodeにて、ファイル(example_user.rb)を違うフォルダの中に作ってしまっているだけでした・・・。そりゃ、ググっても解決しませんよね・・・。

(教訓)ファイルを追加するときは、追加する場所に要注意

"_" と "-"を間違える

Railsチュートリアル リスト7.22にて、
@extend .has-error;と書くべきところ、 @extend .has_error; としていました。

何回も何回も見たのに・・・。
ついに、チュートリアルのせいにしていましたが、全然違いました。イージーミス。
ごめんなさい、疑って・・・。

(教訓)記号の間違いに注意する

【更新履歴】

2019/11/18 2項目追加
2019/11/20 1項目追加
2019/11/27 1項目追加

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away