Jupyter

Jupyter notebook をコマンドラインで実行する

Jupyter notebook をコマンドラインで実行したいことがあると思います。例えば


  • Jupyter notebook は長時間実行すると切れることがあって嫌だ

  • Jupyter notebook を自動テストしたい

その場合、jupyter nbconvert --to notebook --executeを使うと実行できます。

$ jupyter nbconvert --to notebook --execute mynotebook.ipynb \

--output mynotebook2.ipynb --ExecutePreprocessor.timeout=2678400 \
--allow-errors --debug



  • --ExecutePreprocessor.timeout=2678400 は各セル当たりのタイムアウト時間(秒)を設定しています。デフォルトだと30秒なので、機械学習で使うには短すぎます。2678400秒は31日です。


  • --debug はどのセルまで実行したかを見るためにつけた方が良いです。つけないと、ちゃんと実行できているのか分からず、結構困ります。

※ そのうち、Google Colaboratory でお試し学習したものを、GCP/AWS上でjupyter nbconvert --to notebook --executeを使って本格的に学習する流れを書きます。