AWS
EC2
minecraft

AWS EC2でマイクラサーバーを立てたメモ

真夜中に突然「マイクラサーバーを立てたい!!」という欲求が抑えられなくなり、AWSで立ててみました。

なんか地味に躓いたのでメモとして残します。


参考ページ

AWSのEC2でMinecraftのサーバーを構築したヾ( ノシ*°ヮ。)ノシ

[Linux] AmazonLinuxに、最新のJavaをインストールする


EC2のインスタンスを生成

左メニューからインスタンスを選択。

s1.png

AMI は Amazon Linux AMI を選択。

s2.png

インスタンスタイプの選択はsmall以上を選択。

microだと動かないらしい...

(数人のアクセスであればsmallでもいけそう)

s3.png

インスタンスの設定、ストレージの追加はそのままで。

タグの追加は各自任意で。

セキュリティグループの設定は以下の内容で追加。

タイプ : カスタムTCP

プロトコル : TCP
ポート範囲 : 25565
ソース : 0.0.0.0/0

キーペアの作成に関しては任意の名前で作成しローカルに保存。

設定の表示が出てこない場合は、左メニューからキーペアを選択し、作成。

s4.png

これにて生成完了です!


インスタンスにIPアドレスを割り当て

左メニューから Elastic IP を選択。

s5.png

新しいアドレスの割り当てから Amazon プール を選択。

s6.png

インスタンスとIPアドレスを関連付けます。

これで設定完了です。


サーバー立ち上げ

sshで生成したインスタンスに接続します。

先ほどダウンロードしたキーペアのあるディレクトリで、以下コマンドを実行。

$ chmod 400 (キーペアのファイル名).pem

$ ssh -i (キーペアのファイル名).pem ec2-user@(ここに Elastic IP を記します)

続いてjava等のセッティング。

以下コマンドを実行。

$ sudo yum update -y

$ sudo yum -y install git
$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk.x86_64

サーバーのjarをダウンロードします。

自分はバージョン1.12.2を選択。

コマンドの1.12.2の部分を他のバージョンに変えることも可能です。

$ wget https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.12.2/minecraft_server.1.12.2.jar

サーバーを一度実行します。

java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.1.12.2.jar nogui

ここで以下のエラーが発生。

Exception in thread "main" java.lang.UnsupportedClassVersionError: net/minecraft/server/MinecraftServer : Unsupported major.minor version 52.0

原因はjavaのバージョンが8でなく、7で実行されていたことでした。

以下コマンドでバージョンを切り替え。

sudo alternatives --config java

これで8に切り替え、再度実行すると、うまくいくかと思います。

次に以下コマンド実行後、eula=falseをtrueに変更し、利用規約に同意します。

vi eula.txt

最後にサーバーを立ち上げます。

$ java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.1.12.2.jar nogui


いざ接続

マイクラのクライアントを起動し、マルチプレイからサーバーのIPを指定すると...

s7.png

繋がりました!

昔リアルサーバー上で立てたときにあんなに苦労したのは一体..ってぐらい簡単でした!すごいっすね!