Edited at

iOSでのChromCast対応 ① 準備

More than 3 years have passed since last update.

仕事でアプリのChromeCast連携をしているのですが、文献が少なくて困ったのでまとめてみました。

今回は、アプリ内の動画のみを単純にCromeCastに送るということを目指して段階別に書いていきます。

言語: Swift2.0

環境: xCode7.3(bata)


関連記事はこちら。


準備


① ライブラリをダウンロード

下記サイトより、Download the iOS Sender API libraries.をクリック

https://developers.google.com/cast/docs/developers#ios

今回は使いませんが、こちらはpodからもinstallできます。

target 'CastTest2' do

pod 'google-cast-sdk'
end


② XCode新規作成

今回はCastTest2という名前で作りました。


③ frameworkを入れる

先ほどダウンロードしたGoogleCastFrameworkをXcodeの任意の場所にコピーしてください

下記にあるものと一緒にセットします



GoogleCast.framework

SystemConfiguration.framework

MediaAccessibility.framework (for iOS 7 and later)

CoreText.framework (for iOS 7 and later)

スクリーンショット 2015-09-11 14.32.00.png


④ SwiftでObjective-Cライブラリを使用できるようにする

GoogleCast.frameworkはObjective-Cで書かれているので、Swiftでも使えるようにします。

これはCastとは関係ないので、わかる人は読み飛ばしてください。


1. Headerファイルを作成

今回はCastTest2-Bridging-Header.hという名前にしています。


2. GoogleCast.hをimport

さきほど作ったファイルの中身は下記です。

#import <GoogleCast/GoogleCast.h>の行を追加してください。

#ifndef CastTest2_Bridging_Header_h

#define CastTest2_Bridging_Header_h

#import <GoogleCast/GoogleCast.h>

#endif /* CastTest2_Bridging_Header_h */


3. Build Settingsを変更

先ほど作ったファイルが呼び出されるようにします。

スクリーンショット 2015-09-11 14.53.14.png


4. Other Linker Flags-ObjCを追加

※画像の"GesturePaker"は使用しているライブラリなので気にしないでください

スクリーンショット 2015-09-11 18.38.14.png

これで、frameworkが使えるようになりました。


以上で準備は完了です。

まちがっている点などありましたら、ご指摘いただけたら嬉しいです。

次回は簡単な情報をCastしてみるテストアプリを作成します。

では、iOSでのChromCast対応 ② Cast端末にアクセスするに続きます。



参考サイト