Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Linux】ファイル、ディレクトリ操作のコマンド

業務でLinuxを使って開発をすることになった・・・
が、コマンド操作が分からないので基本から勉強(使いこなせないと、業務効率が悪い)。
アウトプットして、使いこなせるようになりたい。

[ ls ] : ファイルやディレクトリの参照

書式
ls [オプション] [ファイル]
オプション オプション説明
-a 隠しファイル含めて、すべて出力する
-l 長形式で出力する
-t 更新時間でソートして出力する
-r 逆順でソートして出力する

[ cp ] : ファイルのコピー

書式
cp [オプション] コピー元 コピー先
オプション オプション説明
-i 処理を実施するときに、確認をする
-r ディレクトリを対象にする
-p 元ファイルの情報を保存する

[ mv ] : ファイルの移動

書式
mv 移動元ファイル 移動先ファイル
オプション オプション説明
-i 処理を実施するときに、確認をする
-f 強制的に処理を実行する

[ rm ] : ファイルの削除

書式
rm ファイル名
オプション オプション説明
-i 処理を実施するときに、確認をする
-f 強制的に処理を実行する
-r ディレクトリを対象にする

[ pwd,cd,mkdir,rmdir ] : ディレクトリの操作

コマンド 説明 補足
pwd 現在のディレクトリの表示する
cd ディレクトリを変更(移動)する cd -(ハイフン)で移動前のディレクトリに戻る
mkdir ディレクトリを作成する
rmdir ディレクトリを削除する

特別なディレクトリを表す記号

コマンド 説明
. カレントディレクトリ
.. 親ディレクトリ
~ ホームディレクトリ(ユーザの作業開始位置)
/ ルートディレクトリ(ディレクトリ階層の最上位階層を示す)

[ cat ] : ファイル内容を表示

書式
cat ファイル名
オプション オプション説明
-n 行番号を付加して表示する

[ less ] : ページャを使ってファイル内容を表示

書式
less ファイル名
オプション オプション説明
スペース 次のページに進む
b 前の一画面に戻る
f 次の一画面に進む
前の行に進む
次の行に進む
/単語 単語を検索する nキーで検索結果に飛ぶ
q ページャコマンドを終了する

[ find ] : ファイルの検索

書式
find パス -name ファイル名

[ help ] : ヘルプの使い方

書式
コマンド --help

[ man ] : マニュアルの使い方

書式
man コマンド名
オプション オプション説明
-k 単語 単語が含まれているエントリ一覧を出力する

[ touch ] : ファイルのタイムスタンプの変更

書式
touch [オプション] ファイル名
オプション オプション説明
-t 更新時刻を指定する [[CC]YY]MMDDhhmm[.SS]形式 ([]内は省略可)

[ head,tail ] : ファイルの一部取得

書式
head [オプション] ファイル名
tail [オプション] ファイル名
オプション オプション説明
-n 先頭/末尾から指定した行を標準出力する
-c 先頭/末尾から指定したバイト分を標準出力する

[ diff ] : ファイルの比較

書式
diff [オプション] ファイル1 ファイル2
オプション オプション説明
-c context diff 形式で差分出力する
-u unified diff 形式で差分出力する
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away