Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
17
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@igrep

秒速でコピペしたいHaskellデバッグ用関数

More than 1 year has passed since last update.

いつも秒速で作ってる人もいるみたいだけど、やっぱり逐一書く時間が勿体ないと思うのでここにメモします 1

求めていたものはTraceUtilsにありました。
気が向いたらcabalファイルに書けばよいでしょう。
ただ、どうやらstackageには登録されておらず、LTS 7.16の時点で存在しません。
ドキュメントにも "Feel free to copy&paste these functions into modules that need them, that may be easier to remove/clean up than adding a cabal dependency."と書かれているので多分コピペした方が速いでしょう。

と、いうわけで特に便利なtraceIdtraceIdViaを載せちゃいます。コピペの際邪魔になりそうなのでコメントは削除しました。
好きにコピペすればいいんじゃないかな。

import Debug.Trace hiding (traceId)

traceIdVia :: Show b => (a -> b) -> String -> a -> a
traceIdVia via prefix x = trace (prefix ++ ": " ++ show (via x)) x

traceId :: Show a => String -> a -> a
traceId = traceIdVia id

-- おまけ: show ではコードポイントに変えられてしまう日本語を扱う我々にはきっとこちらの方が便利
traceStringVia :: (a -> String) -> String -> a -> a
traceStringVia via prefix x = trace (prefix ++ ": " ++ via x) x

traceString :: String -> String -> String
traceString = traceStringVia id

ちなみに、traceIdについては標準のDebug.Traceモジュールに同じ名前の関数があるので注意しましょう。なので :point_up: のコードでは hiding しています。
Elmと同様logぐらい短い名前でいいかも。


  1. この記事の最後でも触れますが、冒頭のtweetの「ElmのDebug.traceみたいな挙動のプリンター」の部分は正しくは「ElmのDebug.logみたいな挙動のプリンター」です。 

17
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
igrep
Haskellとプリキュアが好き。よく眠り、よくコードを書きたい。 今はHaskell関係の記事は https://haskell.jp/blog に書いております。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
17
Help us understand the problem. What is going on with this article?