Mac
RoBoHoN

RoBoHoN開発Tip - ADB認識するまで -

More than 1 year has passed since last update.


この記事では

RoBoHoN開発をmacで行った時に公式で公開されているサンプルコードをビルドして実行するまでの手順について記載する


準備物

Android Studio 2.1.1

ADB DebugできるUSB mini端子

※macですのでADB Driverのインストールは不要


RoBoHoNをUSB経由でアプリインストールできるようにする

よくあるAndroidのデバッグモード切り替えの方法と同じだった


  1. ロボホンの背中から「設定」を押す

    IMG_1217.JPG

  2. 「端末情報」を押す

    IMG_1218.JPG

  3. 「ビルド番号」を複数回押す

    IMG_1219.JPG
    この時点でRoBoHoNは開発モードになります

    IMG_1220.JPG

  4. 「設定」画面から「その他」を押す

    IMG_1221.JPG

  5. 「開発者向けオプション」を押す

    IMG_1222.JPG

  6. 「On」にする

    IMG_1223.JPG

  7. 「USBデバッグ」をチェックする
    IMG_1224.JPG

この手順でADBデバイスとして認識されるようになり、Andoid Studioから自作アプリインストールができるようになる

次回はアプリ作成