iOS
Swift
Quick
Carthage

Carthageを使用したQuickの導入

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

carthangeを使用してQuickを導入してみましたので、自分用のメモがてら記録します。

環境

以下の環境を使用しています。

  • macOS sierra 10.12.4
  • Xcode 8.3.2
  • Homebrew 1.2.0
  • Carthage 0.22.0

導入手順

実際に行ってみた手順は下記になります。

  1. homebrewの導入
  2. Carthageのインストール
  3. 使用したいframeworkの記載
  4. frameworkのビルド
  5. projectへのライブラリの紐付け

1. homebrewの導入

homebrewの公式HP(https://brew.sh/index_ja.html) を参考にterminalで以下を実行します。
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

2. Carthageのインストール

homebrewを使用してCarthageのインストールを行います。
brew install carthage

3. 使用したいframeworkの記載

対象のprojectファイルに移動し、以下のコマンドでCartfile.private1を作成します。
touch Cartfile.private

Cartfile.privateに使用したいframeworkを記入します。
github "Quick/Quick"
github "Quick/Nimble"

4. frameworkのビルド

以下のコマンドでframeworkのビルドを行います。

carthage update --platform iOS

作成されたframeworkはCarthage/Build/iOS/内にあります。

5. projectへのライブラリの紐付け

projectファイルの 対象のtarget(今回はtTests)の.xcodeproj -> buildPhases -> Link Binary With Librariesに Quick.frameworkとNimble.frameworkを追加します。
左上の「+」を押して、New Copy Files Phaseを選択、Copy FilesにQuick.frameworkとNimble.frameworkを追加します。
以上を行うと下の画像のような状態になるかと思います。
スクリーンショット 2017-05-07 18.12.41.png

ビルドが通れば導入は完了です。
テストも作成したサンプルのrepositoryをあげています。
https://github.com/HironobuIga/CarthageSample


  1. プロジェクトに使用するframeworkはCartfileに、テストでしか使用しないframeworkはCartfile.privateに記入します。