Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 2 Model BをUbuntuサーバーにするまで

More than 3 years have passed since last update.

経緯

RASPBERRY PI 2 MODEL Bをひょんなことから頂いたので、普通にサーバーとして設定していった時の作業記録
ちなみにカバーは下記を使用
Raspberry Pi 2 Model B アクリル ケース 虹色 レインボー

microSDにubuntuをインストール

Raspberry Pi 2 Model B をインストールしてSSH接続できるようにしてみる
とか
DD for Windows でOSを書き込むよ!
とかを参考にsdカードの準備をする。
上記のURLはwindowsを使用していてるが、Macのコマンドラインでも勿論可能。

今回使用したのは、
ubuntu wikiより、Ubuntu 14.04 LTS

ログイン情報

  • 上記のimgのログインユーザ/パスワードは下記のよう
Login username ubuntu
password ubuntu

RaspberryにmicroSDカードを入れた後に起動し、上記のユーザ/パスワードでログイン。
DHCP設定があらかじめ出来ているので軽くnetに疎通できているか確認後、パッケージの更新をしていく。

  • 疎通確認
cmd
$ ping 8.8.8.8
  • パッケージの更新
cmd
$ sudo apt-get update   # アップデートのためのリストを取得
$ sudo apt-get upgrade  # アップデートを実際に行う
  • 確認コマンド
cmd
$ cat /etc/lsb-release  # Ubuntuのバージョン確認
$ uname -a              # アーキテクチャの確認コマンド

リモート接続出来るように設定していく

  • ssh接続出来るようにパッケージのインストール
cmd
$ sudo apt-get install openssh-server
  • ubuntuのipを確認後、同ネットワーク内からssh接続
cmd
$ ifconfig
cmd
$ ssh ubuntu@192.168.101.92
ubuntu@192.168.101.92's password:
Welcome to Ubuntu 14.04.3 LTS (GNU/Linux 3.18.0-20-rpi2 armv7l)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/
Last login: Sun Sep 27 06:56:17 2015 from 192.168.101.91
ubuntu@ubuntu:~$

Ubuntu Serverとしてさらに設定を加えていく

  • gitのインストール
$ sudo apt-get install git #  パッケージでインストール


$ git --version    # 確認
git version 1.9.1
  • サーバーとして最低限必要そうなものをインストール
$ sudo apt-get install wget tree telnet nkf mlocate expect ntp dstat vim htop iftop traceroute tig
  • デフォルトのエディタをnanoからvimへ
$ sudo update-alternatives --config editor   # エディタの設定コマンド

There are 4 choices for the alternative editor (providing /usr/bin/editor).

  Selection    Path                Priority   Status
------------------------------------------------------------
* 0            /bin/nano            40        auto mode
  1            /bin/ed             -100       manual mode
  2            /bin/nano            40        manual mode
  3            /usr/bin/vim.basic   30        manual mode
  4            /usr/bin/vim.tiny    10        manual mode

Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 3
update-alternatives: using /usr/bin/vim.basic to provide /usr/bin/editor (editor) in manual mode

ここまでで基本の設定はだいたい完了。
あとはこれをベースにサーバーとしてアレンジしていく。

日本語設定

/etc/default/locale
これが言語関連のファイルらしい。
こちらに情報がないと、日本語の文字化けが発生する

# locale
LANG=
LANGUAGE=
LC_CTYPE="POSIX"
…
…

なので、上記の設定ファイルに
LANG="en_US.UTF-8"をいれておく

/etc/default/locale
$ cat /etc/default/locale
LANG="en_US.UTF-8"

あとは、再ログインすれば反映されている

参考URL

第2回 Ubuntu 14.04 の Raspberry Pi 2 へのインストール
ubuntuのパッケージ管理システムapt-getの使い方Add Star
Ubuntuのバージョン確認とアーキテクチャ確認コマンド
Ubuntuでデフォルトのエディタをnanoからvimに変更
Ubuntu Server 14.04 で日本語環境設定がうまくいかないとき

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした