Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rubyのインストール方法(Ubuntu編)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

UbuntuにRuby(バージョン2.3.3)をインストールしてみました。
本記事は、その記録です。

必要なもの

Ubuntu 18.04 LTSです。

内容

Rubyのバージョン管理ツール「rbenv」を使ってRubyをインストールします。
合わせて、Rubyとrbenvのインストールと動作に必要な各種ソフトウェアもインストールします。

# Rubyのインストールに関連する各種ソフトウェアをインストール①
$ sudo apt-get install git gcc build-essential libreadline-dev zlib1g-dev

# Rubyのインストールに関連する各種ソフトウェアをインストール②
# (注)Ruby 2.4以上をインストールしたい場合、「libssl1.0-dev」ではなく「libssl-dev」をインストールすること
$ sudo apt-get install libssl1.0-dev

# rbenvをインストール
# → gitでプログラムを取得してパスを設定
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ exec $SHELL -l

# ruby-buildをインストール
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

#Rubyをインストール
$ rbenv install 2.3.3
$ rbenv global 2.3.3

感想

最初はlibssl-devを使用してRubyをインストールしようとしていたためエラーが発生しました。
Ruby2.4未満ではlibssl-devは使用できないのに気がつくのに結構時間がかかりました。
それ以外はそんなに引っかかる箇所はありませんでした。

rbenvは、Rubyのバージョン管理に必須のツールと聞いています。
まだその必要性は感じられていませんが、そのうち感じる日が来るのかなと思っています。

参考文献

rbenv を使って ruby をインストールする(CentOS編)
Ubuntu 18.04上においてruby-buildでruby 2.3.*をインストールする

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした