Edited at

プロジェクトをNugetパッケージにして公開する

More than 5 years have passed since last update.

作成したクラスライブラリなどをNugetパッケージとして公開する方法のまとめ。


1.Nuget Galleryアカウントの取得

Nugetパッケージを公開しているNuget Galleryのアカウントを取得する。

パッケージを発行する際のAPIキーの取得に必要


2.Nugetをインストールする

NugetのインストールページからCommand-Line Utilityをダウンロードする。

環境変数にパスを通し、コマンドラインから使えるようにしておく。


3.プロジェクトアセンブリを編集しておく

Nuget発行時にバージョンや発行者の情報が必要になります(これらはnuspecというファイルに記載される)。

プロジェクトのMy Project>アプリケーションに「アセンブリ情報」のボタンがあるので、ここからパッケージ名やバージョンなどを編集しておきます。

※なお、これらの情報は発行後パッケージの画面からWebで編集できるのでそんなに気にしなくてもいい


4.Nugetコマンドでパッケージ化を行う

パッケージ化を行うコマンドは以下の通り。

プロジェクトファイルをパッケージ化する(Releaseビルドを使用したい場合は、-Propオプションを指定)。

プロジェクトファイルがあるフォルダで実行すれば、パスの指定は必要ない模様。

nuget pack [path]\MyProject.csproj

nuget pack [path]\MyProject.csproj -Prop Configuration=Release 

プロジェクトのシンボル情報をパッケージ化する(これでデバッグ時ステップインできる)

nuget pack MyProject.csproj –symbols


5.Nuget Galleryに発行する

Nuget Galleryのアカウント情報にAPI KEYが出ているので、これをコピペしておく。

以下のコマンドでパッケージをNugetに発行する

nuget push <package path> [API key] [options]

APIキーは、事前に設定しておくことができる。

nuget setapikey [API KEY]

こちらの方が楽かも。

nuget push *.nupkg

あとは、パッケージの画面からSummaryなどを適宜編集する。


参考情報

Nuget Command Reference

http://docs.nuget.org/docs/reference/command-line-reference#Push_Command_Usage

パッケージを作成して NuGet で公開する

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/hh708753.aspx

NuGet パッケージを作成して公開する

http://sakapon.wordpress.com/2013/07/16/nugetpackage/