Help us understand the problem. What is going on with this article?

プロジェクトをNugetパッケージにして公開する

More than 5 years have passed since last update.

作成したクラスライブラリなどをNugetパッケージとして公開する方法のまとめ。

1.Nuget Galleryアカウントの取得

Nugetパッケージを公開しているNuget Galleryのアカウントを取得する。
パッケージを発行する際のAPIキーの取得に必要

2.Nugetをインストールする

NugetのインストールページからCommand-Line Utilityをダウンロードする。
環境変数にパスを通し、コマンドラインから使えるようにしておく。

3.プロジェクトアセンブリを編集しておく

Nuget発行時にバージョンや発行者の情報が必要になります(これらはnuspecというファイルに記載される)。
プロジェクトのMy Project>アプリケーションに「アセンブリ情報」のボタンがあるので、ここからパッケージ名やバージョンなどを編集しておきます。
※なお、これらの情報は発行後パッケージの画面からWebで編集できるのでそんなに気にしなくてもいい

4.Nugetコマンドでパッケージ化を行う

パッケージ化を行うコマンドは以下の通り。

プロジェクトファイルをパッケージ化する(Releaseビルドを使用したい場合は、-Propオプションを指定)。
プロジェクトファイルがあるフォルダで実行すれば、パスの指定は必要ない模様。
nuget pack [path]\MyProject.csproj
nuget pack [path]\MyProject.csproj -Prop Configuration=Release 

プロジェクトのシンボル情報をパッケージ化する(これでデバッグ時ステップインできる)
nuget pack MyProject.csproj –symbols

5.Nuget Galleryに発行する

Nuget Galleryのアカウント情報にAPI KEYが出ているので、これをコピペしておく。

以下のコマンドでパッケージをNugetに発行する
nuget push <package path> [API key] [options]

APIキーは、事前に設定しておくことができる。

nuget setapikey [API KEY]

こちらの方が楽かも。

nuget push *.nupkg

あとは、パッケージの画面からSummaryなどを適宜編集する。

参考情報

Nuget Command Reference
http://docs.nuget.org/docs/reference/command-line-reference#Push_Command_Usage

パッケージを作成して NuGet で公開する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/hh708753.aspx

NuGet パッケージを作成して公開する
http://sakapon.wordpress.com/2013/07/16/nugetpackage/

icoxfog417
All my statements are from fun fancies, not a boring story that represents a company that I belonging to.
https://github.com/icoxfog417
tis
創業40年超のSIerです。
https://www.tis.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした