Edited at

EC2のディスクサイズを増やす手順


AWS管理コンソールにログイン

現行世代のEBSボリュームが現行世代のEC2インスタンスタイプにアタッチされている場合はデタッチは必要なし。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ebs-modify-volume.html

今回はデタッチありの場合。8GB→15GBに変更


  • AWSコンソールからEC2のページへ移動

  • ESB ID を選択

  • ボリュームパネルでアクション>ボリュームの変更 をクリックしてください。

  • 変更後のサイズを入力し(単位はGB)変更


SIZEが増えていることを確認

 $ lsblk

NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda 202:0 0 15G 0 disk
└─xvda1 202:1 0 15G 0 part /


xvda1のファイルサイズを確認

 $ df -h

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /dev
tmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /dev/shm
tmpfs 2.0G 668K 2.0G 1% /run
tmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1 8.0G 4.9G 3.2G 61% /
tmpfs 395M 0 395M 0% /run/user/1000


xda1にデタッチ

 $ sudo xfs_growfs -d /dev/xvda1

meta-data=/dev/xvda1 isize=512 agcount=4, agsize=524159 blks
= sectsz=512 attr=2, projid32bit=1
= crc=1 finobt=1 spinodes=0
data = bsize=4096 blocks=2096635, imaxpct=25
= sunit=0 swidth=0 blks
naming =version 2 bsize=4096 ascii-ci=0 ftype=1
log =internal bsize=4096 blocks=2560, version=2
= sectsz=512 sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none extsz=4096 blocks=0, rtextents=0


xvda1のファイルサイズを確認

 $ df -h

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /dev
tmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /dev/shm
tmpfs 2.0G 668K 2.0G 1% /run
tmpfs 2.0G 0 2.0G 0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvda1 15G 4.9G 11G 33% /
tmpfs 395M 0 395M 0% /run/user/1000

8GB→15GBになって入ればOK