CentOS 6.5 にphp5.5とMySQL5.6をyumでインストールする

  • 26
    Like
  • 2
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

php5.5とmysql5.6をインストールにちょこちょこひっかかったので
備忘録兼ねてまとめ
chefのレシピを作りながら試行錯誤した結果なので、この順番で実行すれば
引っかかる部分はないはずです、多分。。
ec2のCentOS公式イメージで動作確認

yumリポジトリは以下が必要

  • epel
  • remi
  • remi-php55 #php55用のリポジトリ
  • mysql56-community #mysqlの公式リポジトリ

yumのアップデート

sudo yum -y update

epelリポジトリから必要なライブラリをインストール

以下、MySQLインストールで必要(phpに必要な物も入っているかも)

sudo yum install -y --enablerepo=epel openssl-devel perl-DBI libmcrypt-devel libaio libaio-devel

MySQLのインストール

enablerepoオプションにepelを含めれば上に書いたやつは自動で入れてくれるかもしれないけど念のため分ける

sudo yum install -y --disablerepo=* --enablerepo=mysql56-community mysql-community-server mysql-community-devel

phpのインストール

sudo yum install -y enablerepo=remi,remi-php55 php php-pear php-mbstring php-xml php-devel php-mysqlnd php-opcache php-pecl-apcu php-pecl-xdebug php-gd php-mcrypt phpMyAdmin

補足

  • php-mysqlnd #php-mysqlが置き換わった
  • php-opcache,php-pecl-apcu #APCが廃止になったため
  • php-mcrypt #laravelとかで無いと困る

timezone設定

mysqlの一部関数はシステムのtimezoneを参照しているので
以下で設定ファイルを上書き

cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

phpのtimezone設定
date.timezoneの値を修正

$ sudo vi /etc/php.ini

date.timezone = "Asia/Tokyo"